ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

息継ぎ (ブレス)のコツ

今日は久しぶりに、記事を書いてみたいと思います。

仕事の方がバタバタしており、なかなかゆっくりと記事が書けず、いつも楽しみに来て頂いている方にはいつもがっかりさせてしまっており、大変申し訳ありません。

少し前に、よくメールでご質問を頂く方からブレスについてのご質問を頂いたのですが、私の方が忙しくて返信が遅くなってしまい、その方にご回答を返信したのですが、メールアドレスを変更されたのかメールが戻ってきてしまいました。

それもあり、今回は息継ぎ(ブレス)のコツについて書きたいと思います。

昔の息継ぎ(ブレス)の記事でも書きましたが、サックスだけでなく息を吹き込んで吹く管楽器はすべて息継ぎ(ブレス)が必要ですよね。

みなさんはこんな経験はありませんか?

ロングトーン練習や曲を吹いているときに、できるだけ音を長く吹こうとしたり、曲の構成上、どうしても息継ぎがしにくい長いフレーズなどを吹くときは、息が足りなくなって苦しくなって、あわてて息継ぎをしたせいで息継ぎの前の音が汚くなってしまったり、息継ぎの後の音がちゃんと出なかったり・・・

もともと吸える息が少ない女性の方や、体の小さい方など、あまり息をたくさん吸うことのできない方ですと、こういった息継ぎ(ブレス)の悩みは特に深刻な問題なのではないでしょうか?

また、そういう人ほど頑張ってギリギリまで息を持たせようと頑張ってしまうものです。

例えば、ロングトーン練習で音を長く伸ばす練習をしているときも、できるだけ長く音を伸ばすことを強く意識している人とかも、上記のような悩みを抱えていらっしゃる方が多いと思います。

というのも、ロングトーンや曲の中の長いフレーズで、できるだけ音を長く伸ばすことを意識しすぎると、息が苦しくなるまで頑張って吹いてしまうくせが付いてしまうからです。

ロングトーン練習や曲の中の長いフレーズを吹くときに、一息でちゃんと吹けるのであればそれに越したことはありませんが、息が苦しくなるギリギリまで頑張ることよりも、まだ息が残っているうちに余裕を持って息継ぎをして、息継ぎの前後の音の処理をキッチリとした方が絶対にいい演奏になります。

私がロングトーン練習の指導するときは、もちろん音を長く伸ばして吹いてもらうのですが、その人の息に余裕がある長さまで音を伸ばしてもらうようにして、そこで息継ぎ(ブレス)をしてもらっています。



そこで、今日の記事の「息継ぎ(ブレス)のコツ」なのですが・・・


簡単なことです。


「息の余裕のあるうちに息継ぎ(ブレス)をすること」です。



いい息継ぎ(ブレス)をするためには、息を吸うタイミングを少し早くして、苦しくなる前に余裕を持って息を吸うことが大切です。


しかしながら、息に余裕があるうちは息を吸おうと思っても、まだ息が残っていますので、自分で息を吸おうと思っても思うように息が吸えないと思います。



そこで、今日のポイントです。


まだ息が残っている状態で息継ぎをするときに、そのまま息を吸おうとするとほとんど息が吸えないと思いますので、その残っている息をまずは全部吐き出して下さい。

そして、残っている息をきれいに全部吐き出してから息をたっぷりと吸うのです。

これが、「息継ぎ(ブレス)のコツ」の一番大切なポイントです。



分かりにくいという方に、もう少しイメージしやすい表現で書いてみましょう。

この私が書いた、「息継ぎ(ブレス)のコツ」ですが、実はコツというほどのことでもないんですよね(笑)

ズバリ書いてしまうと、この「息継ぎ(ブレス)のコツ」は、水泳の息継ぎと同じ要領なんですよ。

水泳が苦手、水泳の息継ぎができないという人にはごめんなさいですが、普通に息継ぎをして泳げる人であれば、「水泳の息継ぎと同じ要領」と言えばすぐにイメージできると思います。

例えば、クロールでの息継ぎですと顔を横に向けて口を水面から出して、口や鼻に水が入らないようにまずは口の中の息を吐き出してから息を吸いませんか?

平泳ぎですと、顔を水面からガバっと出して、その場合でもまずは口の中の息を吐き出してから息を吸うと思います。

息を吸った後は、水中で鼻や口から息を出してからまた顔を水面から出して息を吸う場合もあると思いますが、息を吸うときは必ずと言っていいぐらい口の中に残っている息をいったん吐き出してから息を吸っていると思います。

水泳の場合ですと、息を全部水中で吐き出してしまって、苦しくなってから息継ぎをすると、鼻や口から水が入ってしまってえらいことになってしまいますよね?(笑)

ですので、サックスを吹くときも水泳と同じ要領で、いいブレスをするためには、息を吸うタイミングを少し早くして、余裕を持って息を吸うことが大切なのです。


次に練習方法についてです。

ロングトーンの練習の時に意識するといいと思いますが、例えばメトロノームでテンポ60でロングトーンの練習をするときに、自分がまだ息の余裕があるときにブレスしてみましょう。

みなさんは、テンポ60ぐらいだとどのぐらい息が持ちますか?

8拍ぐらいでまだ息の余裕があるのであれば、8拍伸ばしてブレスします。
8拍でも苦しいようであれば、4拍でブレスしてみましょう。

そして、息の余裕がある時のブレスは、まだ身体の中に息が残っていますので、ブレスをするときに残っている息を全部吐き出してから、また新たに息をたくさん吸います。

息の余裕のあるうちにブレスをするためには、身体の中に残っている息を全部吐き出さないと息がしっかりと吸えませんので、瞬間的に息を吐いてまた息を吸うのです。

息継ぎの瞬間に「プハッ、スッ」って感じですかね?(笑)

このような要領で、息の余裕のあるうちにブレスをすることで、ブレスの直前の音もブツッと切れずに残った息を使って音を十分に響かしておいてから息が吸えますので、ブレスの前後の音が汚くなったりしなくて済みますし、演奏にも余裕が出てきます。


さて、今日は「息継ぎ(ブレス)のコツ」について書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?

ちょっとしたことなのですが、これができるようになると格段に息継ぎが楽になり、演奏にもかなり余裕が出てきます。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<AIZEN Jazz Master 6、7 (アルト) | HOME | アンサンブルコンテスト県大会 (2013年度)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。