ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アンブシュア

サクソフォーンのアンブシュアについてですが、教則本などでいろんな表現がされていると思いますが、私が初心者などにアンブシュアを教える時の表現で書いてみます。

まず、上の前歯2本をマウスピースの先端から約1センチぐらいのところにしっかりと当たるようにします。

このとき、ストラップを少し引き上げて、マウスピースが上の前歯2本を上に押し上げるような感じにして、頭の体重を上の前歯2本だけで支えるような感じにします。

そして楽器は、上の前歯2本、ストラップ、サムフックに引っ掛けた右手の親指の3点で楽器を支えるようにします。その状態で、口の形は口の両端をすぼめるようにして、「オ」と発音した時のような縦型の口を作ります。

次に下唇についてですが、口の内側にかるく巻き込んでやり、巻き込んだ下唇を下の歯で強く噛むようにくわえるのではなく、「下唇だけでリードを支えてやる」感じにして、下唇がリードの振動をコントロールするためのクッションになるような感じにして、マウスピースは唇全体で周りから包み込むような感じで自然にくわえます。

このとき、下アゴは少し前に出してやり、上の歯のラインと下の歯のラインが上下で合うようにしてやります。

下唇の巻き込み加減ですが、昔はクラッシックでは、下唇をかなり巻き込んだアンブシュア(シンリップ)が主流でしたが、最近では下唇を巻き込まないアンブシュア(ファットリップ)の人が多くなってきていますので、どちらでも自分がいい音のする方のスタイルでくわえたので問題ありません。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

アンブシュア | コメント:20 | トラックバック:0 |
<<ESM Jazz #7 (アルト) | HOME | G by Meyer #6 (アルト)>>

この記事のコメント

> たく さん

こんばんは。管理人のTakaです。いつも当ブログを参考にして頂き、ありがとうございます。

下の歯をリードから離れた状態にすると高音域が出ないとのことですが、おそらく下の歯を下げすぎて、口の中が広がってしまっているのではないでしょうか?

低音域を吹く時の口は、「お」という口にして口の中を広くする必要がありますが、高音域では口の中を狭くしないと息のスピードがつきませんので、「お」という口では高音が出しにくいと思います。

噛みすぎのアンブシュアかどうかは、しばらく楽器を吹いていると唇の裏側が痛くなってきますので、そうなってしまうようでしたら噛みすぎていると思います。

高音域のアンブシュアでは、きんちゃく袋の口をギュッと締めるような感じで、ある程度マウスピースをタイトにくわえますので、当然下の歯も下唇の裏側に当たります。

高音域では、口の両端を内側にすぼめる力と、口を上下に締める力が均等になるようにすれば、きんちゃく袋をギュッと締める感じになると思います。

ですので、高音域で下の歯が下唇の裏側に当たっていても、しばらく吹いていても下唇の裏側が痛くならない程度であれば、噛みすぎではありませんので、気にする必要はないと思います。

高音域を吹くときに噛みすぎのアンブシュアにならないようにするには、口の中を狭くして、息のスピードを付けてやることを意識して練習されるといいと思います。

あまりピンと来ないようでしたら、当ブログの息のスピードに関する記事に、高音域の吹き方についても触れていますので、参考にしてみて下さい。


頑張って下さいね!
2015-02-23 Mon 01:42 | URL | Taka #-[ 編集]
初心者です。練習の参考にさせて頂いてます。高音域のアンブシュアについて、書いてある通りに口をすぼめると、噛みすぎを気にしすぎてか、下の歯が唇を挟んでリードから外れてしまいます。下の歯をリードから離さないようにすると高音も一応でます。それでも噛みすぎなんでしょうか?今のところ下の歯がリードから離れた状態だと高音域はあまり出ません。悩んでまして、回答頂ければと思います。よろしくお願いします。
2015-02-20 Fri 21:23 | URL | たく #-[ 編集]
だいずさん、こんばんは!

いつも参考にして頂き、ありがとうございます。

上達してくると、自分が「こう吹きたい!」というイメージが音に出てくると面白くてたまらなくなりますからね。

そうですよ。だいずさんが、私のブログのコメンテーター第1号です(笑)

遊びに来てくれる人が増えましたので、近々交流のためのカテゴリーを増やそうと思っています。

遠慮せずに、サックスに関することなら何でもコメントして下さいね。

2008-09-11 Thu 02:07 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
知らぬ間に人が増えてますね。(喜)
おそらく僕が最初のコメント者ではないかと思います。(なのかな?)
サックス歴は8ヶ月です。
皆さんよろしく!

このブログはとても良い教材だと思います。
僕もだいぶ参考にさせていただいてます。

アンブシュアも大事ですが、Takaさんも言われている通り、音色を意識するのはとても大事だと思います。僕はそれを意識し出してから、なぜか音が出しやすくなり、音程も安定しました。(といってもまだまだですが…)体が勝手にいろいろ調節してくれる感じなんです。不思議ですね。この音を出すぞ!という意思に楽器が答えてくれてるようでとてもうれしいです。
2008-09-09 Tue 23:39 | URL | だいず #ax4px7aw[ 編集]
Yuriさん、こんばんは。

アンサンブル、楽しいですよ!

今日はアンサンブルの練習日で、終わって仲間たちとファミレスでダラダラと談笑して帰ってきました(笑)

レッスンは、大学時代に周りの音大生の友人が先生のレッスンで練習してなくてこっぴどく叱られて、帰れ!とか、何しに来たんや?って言われたりしてるのをしょっちゅう聞かされてたので、余計にそう思ってしまうんですよね…(^。^;)
それに習うのなら、私の知ってる先生に習うつもりですので、余計に練習していかないとかなりヤバいので…(笑)

また、せっかく習っても自分で練習できなければ自分も嫌な性格ですからね。

F-1 のTRUTH、有名ですよね。私も、吹奏楽のニューサウンズインブラスの「TRUTH」でアルトのソロがあるのですが、定期演奏会とかで何度かソロを吹きましたよ。

本田さん、ぜひとも聴いてみて下さい。

私の本田さんとの出会いは、かれこれ8年ぐらい前になりますが、T-SQUAREでサックス吹いてたのを後から知ってビックリしましたからね(笑)

そもそも、私は THE SQUARE 時代の熱狂的なファンで、伊東たけしさんの大ファンだったんですよね。それで、伊東さんが THE SQUARE を抜けて、T-SQUARE になってしまったので、そこから全然ノータッチになってしまったんですよね。

その辺の出会いは、私の古いブログの記事にも書いてたのですが、その記事をこちらにも載せたいと思います。

また遊びに来て下さいね。

追伸: S☆K では、あえて私のブログは紹介していませんので、Yuri さんのように偶然発見してもらうしかないです(笑)
2008-09-07 Sun 02:28 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
しばわんこさん、こんばんは。

初めまして。ご訪問、ありがとうございます。

しばわんこさんは、この5月からサックスを習い始められたのですね。

今夜レッスンだったということは、レッスン終わってホヤホヤの状態で書き込みして頂いたということですね。

私も、先ほどアンサンブルの練習から帰ったばかりです。(もう日付が変わってしまってますが(笑))

サックスを始めたばかりですと、アンブシュアは一番苦労するところだと思います。
私も長いことやってますが、アンブシュアには相当苦労しましたよ。特に、噛み過ぎのアンブシュアは直すのに本当に苦労しましたね。

そうですか、しばわんこさんも本田雅人ファンだったのですね。本田さんは、サックスだけじゃなくて、EWI にフルート、フリューゲル、リコーダ、歌まで歌ってしまうスーパープレーヤーですからね。
バキューンとなってしまうの、分かりますよ(笑) クールな顔してバリバリにサックス吹きますからね。

本田雅人ファン、結構いるようですので、今度記事で触れたいと思います。


頑張ってブログを更新していきますので、これからも遊びに来て下さいね!
2008-09-07 Sun 01:57 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
Takaさんこんばんは!
お忙しい中、コメントと新しい記事(笑)ありがとうございます♪
アンサンブル楽しそうですね!

>先生のレッスンに付いても十分に練習していけないので、先生に失礼だからレッスンに付けません…(^^;)

これまさしく!
私は、楽しいから、上達したいから練習すると言うのもあるんですけど、先生に対するこのような良い緊張感もあります。
そこは大人になって自主的に習い事を始めてから気付きました・・・(笑)

T-SQUAREですね!サックスの音色に気付いたのがここ1年くらいなもので、T-SQUARE=いとこのお姉さんがエレクトーンで弾いていたF1のTRUTHしか・・・(・・;)
・・・不勉強すぎですね(笑)
本田さんのサックス、こりゃ聴かないと!

色々とありがとうございます。
またお邪魔します♪

追伸: おぉ!Takaさんのページに辿りつけた「唇の裏 ザラザラ」のキーワードもたいしたもんです(笑)
2008-09-07 Sun 01:19 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
こんばんわ。
私は「アンブシュア」で検索して、こちらに伺いました。
今年の5月から月3回のグループレッスンでアルトSaxを習い始めました。(今夜もレッスンでした)

口の形、あごを少し出すなど、自分なりに気をつけ
たせいか、今日はいつもより調子が良かった様な気がします(笑)
これからも、ちょくちょくお邪魔しますがよろしくお願いしますm(--)m

追伸:私も本田雅人さん、好きです☆
今年の5月に名古屋ブルーノートでのライブ、行ってきました!!(凄かった~♪)
私が本田さんを知ったのは、私の妹が角松敏生さんのファンで、角松さんのツアーに参加してた本田さんを見てバキューンとなってしまいました。
すいません…こんな話で…。

それでは、失礼します。







2008-09-07 Sun 00:21 | URL | しばわんこ #-[ 編集]
Yuriさん、こんばんは。

私も個人的によく知っているプロの先生が何人かいて、学生時代の頃のようにバリバリに吹くためにレッスンに付きたいのですが、今は週1回のアンサンブルの練習で手一杯で、先生のレッスンに付いても十分に練習していけないので、先生に失礼だからレッスンに付けません…(^^;)

そうですか、音楽理論のコースも教えていらっしゃる先生であれば大丈夫ですね。それに、厳しい体育会系の先生であれば、ビシビシ教えてくれると思いますので、耐え抜けばかなり上達しますよ!(笑)

音大でクラッシックを学んだプロのジャズプレーヤーもたくさんいますからね。

私の尊敬するフュージョンサックスプレーヤーの本田雅人さん(元T-SQUARE)は、国立音楽大学のサックス科を主席で卒業した凄腕です。

本田さんは、国立音大の学生時代からプロの活動をしていて、卒業演奏ではバリバリのクラッシックを吹いたのですが、教授の先生全員の満場一致の主席の評価を得て卒業したそうで、彼の卒業演奏は歴史に残るような名演だったとか…
そんな本田さんは、国立音大でも代々語り継がれている相当の有名人みたいです(笑)

彼の運指や奏法は、私の目標とするスタイルですね。

私の個人的な偏見ですが、日本のフュージョン界のサックスプレーヤーでは、彼がダントツでトップのプレーヤーだと思っています。

コメントは大歓迎ですので、いつでもお気軽に書き込んで下さいね。

私もここんとこ仕事に追われていたので、ブログの新しい記事の更新ができていないので、頑張って更新します…(^。^;)

更新の日付がまだお盆まで来てません…(苦笑)

追伸: S☆KのTaka と同一人物です(笑)
2008-09-05 Fri 01:56 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
なるほど・・・そうなんですね~。
「クラシック」って、バレエにせよ、基礎ですもんね・・・。

私は大手音楽教室のサックス個人コースなのですが、先生はサックスクラスの他、理論のコースも受け持ってて、またそれとは別にプロとしても活動している、という方です~。

外国の音楽学校を出ているようですが、語彙・・・は、どうなんでしょう?そう言われてみると、どちらかといえば体育会系かもしれません(笑・体育会系の方ごめんなさい)
ふむ、私は少し遠回りするかも知れませんねぇ・・・。

アンブシュアの項と離れてしまいましたが^_^;
噛みすぎないよう、息のスピード、向き、複式呼吸に気を付けて、その他もろもろ・・・頑張ります!

アドバイスありがとうございました☆
コメント欄長くしてしまってすみません。
2008-09-05 Fri 00:36 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
Yuriさん、こんにちは。

そうですか、ジャズのプロの先生に習われているのですね。

ジャズの先生は、プレーヤータイプの先生が多いので、サックスの基礎をちゃんと教えてくれる先生が少ないと思います。

私のオススメは、ジャズをされるにしてもクラッシックをされるにしても、最初は音楽大学のサックス科を卒業したクラッシックのプロの先生にサックスの基礎を習われるのがオススメです。

音大卒の先生の方が、教える時の表現や語彙が豊富で、楽典なども詳しいので初心者の方には分かり易いと思うからです。

追伸: このブログでは、アダルト広告などの書き込みを防ぐために、全員の方のコメントを一旦管理者の承認待ちにしてから公開するようにしていますので、書き込んだ後に少々お待ち頂ければと思います。
2008-09-03 Wed 13:00 | URL | Taka #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-09-03 Wed 12:47 | | #[ 編集]
ほんとの最初の頃は髪の毛くらいを守っていたのですが、ちょっとずらしても音が出て、ずらした方がやや吹きやすかった(・・・気がした)ので、剛毛になってしまいました(^_^;)

そうなんです、私の先生はジャズのプレイヤーなんです!
私は知識真っ白けから始めたので、今は先生の言われたとおりそのままを吸収しよう!という意気込みでございます。(といってる割に色々ネットで見てしまうのですが・・・)

またこんど質問させていただきます♪
m(__)m
2008-09-03 Wed 12:24 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
Yuri さん、初めまして。

「唇の裏 ザラザラ」というキーワードで検索して来られたのですね。

下唇の使い方は、サックスプレーヤーのみなさんがよく悩まれることですね。
私も、中学時代は下唇の裏側が切れるぐらいマウスピースを強く噛んで吹いていましたよ。

特に高音域でマウスピースを噛んでしまうのは、息のスピード不足が原因のことが多いと思います。


そうですか、ファットリップ(下唇を巻き込まない)を教わったのですね。

ファットリップは、ジャズやフュージョンの奏者がよく使うアンブシュアですが、最近では、吹奏楽やクラッシックでも、ファットリップを使う人が多くなりましたね。

ファットリップは、下唇を巻き込むシンリップよりも音のコントロールがしやすくて、音もよく響くということで使う人が多いようです。


そうですか、Yuriさんも剛毛だったのですね(笑)

リードの付け方は、できているようで見落としやすいポイントですので、リードミスが多いとか、音がちゃんと出ない時はリードが正しく固定されているかをチェックしてみることも大切です。

下唇については、「下唇の役割」のところで詳しくお話していますので、参考にしてみて下さいね。

できるだけ教則本などには書いていないことを中心に、私の経験を基にブログで紹介していきたいと思っていますので、ご希望やご質問がありましたら、気軽に言って下さいね。

この度は、ご訪問ありがとうございました。

また遊びに来て下さいね。


2008-09-02 Tue 02:35 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
サックスを習い始めて半年のものです。
「唇の裏 ザラザラ」というキーワードでこちらにたどり着きました!

というのも、最初のころは下唇の内側が痛くて仕方がなかったのが、先生に巻き込まないアンブシュアを教わったところ、痛くなくなりました。

が、毎日1時間ほどの練習ではなんともないのですが、休みの日など2~3時間吹くと、吹き終ったあと、唇の裏がザラザラしてしまうんです。
歯型はつかないみたいですが痛い感じもするし・・・

これは、噛みすぎってことなんだろうかと思いながら、長年吹いてらっしゃる方はどうなんだろう?と疑問に思って色々調べてたのですが、なかなか体験談がなくて・・・。
先生に聞こうと思っていても、いつも聞くことが他にもあったりして、なかなか聞けない小さな疑問だったのです。
たぶん、私はまだ超初心者で2~3時間でもそんなになってしまうってことは、やっぱり力が入りすぎな感じなんでしょうね。もっと練習していけばそのうち力が入らなくなるんでしょうかね・・・。

リードの髪の毛1本のお話も、まさしく私も誤解していました!!たぶん、髪の毛5本分は出てました(笑)目からうろこです。

ほんとうに勉強になりました。ありがとうございました。
どうぞ、ゆっくりでもよいですので、ブログ頑張ってください!
またお邪魔します♪
長々失礼しました!
2008-09-02 Tue 00:28 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
ありがとうございます!
明日から気をつけます。
2008-08-18 Mon 22:14 | URL | だいず #w6ihlzlQ[ 編集]
だいずさん、こんばんは。

痛くなくても下唇に歯の跡がついてしまうのは、おそらくマウスピースを強く噛んでしまっていると思います。

下の歯の具合にもよると思いますが、下の歯が鋭い歯ですと下唇がすぐに痛くなってくると思いますし、普通の歯でも長時間練習していると痛くなってくると思います。

ちなみに、私の場合は下唇の裏側に歯型はつきませんが、長時間練習していると下の歯と下唇の裏側が擦れて下唇の裏がザラザラになって痛くなってきますよ。

プロの奏者や音大生とかでも、長時間楽器を吹く時は下唇の裏側が痛くならないように、クリーニングペーパーを折り曲げて下の歯の上にかぶせて吹いている人がたくさんいます。

それと、長時間練習するとお腹が疲れてきますので腹式呼吸が弱ってくるのと、口の周りの筋肉が疲れてきますので、アンブシュアを保とうとして無意識にマウスピースを強く噛んでしまうようになるので、長時間練習の場合は必ず間の休憩を十分に取るようにしています。

あと、口の周りの筋肉が疲れてきたら、ホッペを膨らませたりしぼめたりして、口の周りの筋肉をほぐす運動をするようにしてますよ。
2008-08-18 Mon 22:08 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
僕はサックスを始めて8ヶ月なのですが、いまだに下唇に歯の跡が残ります。でも痛くはありません。これはやはり噛んでいるのでしょうか?
2008-08-18 Mon 21:48 | URL | だいず #w6ihlzlQ[ 編集]
だいずさん、こんばんは。

アンブシュア、苦労している人がたくさんいますね。
私もかなり苦労しましたよ。

下アゴを少し前に出すことで、歯の上下のラインを合わすことは案外知らない方が多いようですね。

上の歯をマウスピースにしっかりと当てることも、おごそかになりやすい部分です。

アンブシュアは非常に大切ですので、いろいろと研究して頑張って下さいね。

この度は、コメントありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております。
2008-08-06 Wed 23:06 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
やはり下顎は少し前へ出すのですね!
本には上下ではの位置をあわせるとしか書いていなかったので、マウスピースの先から歯の位置までの長さを等しくするのか、はたまた上下で歯のラインを合わせるのか分からなかったのですが、これで解決しました。
ありがとうございます!
2008-08-06 Wed 21:43 | URL | だいず #w6ihlzlQ[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。