ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Selmer S90 180

クラッシックや吹奏楽では定番のマウスピース、Selmer S90 180 (アルト)です。

このマウスピースは、Selmer S80 シリーズと同様に、クラッシックや吹奏楽では定番のマウスピースです。

写真は、S90 180 の写真ですが、S90 シリーズはティップオープニングの開きの違いによって、170、180、190 の3種類があります。


Selmer S90 180

S90 シリーズは、S80 シリーズをベースにして、90年代に開発されたマウスピースで、S80 よりもフェイシングが長く、チェンバーが若干大きくなっていて、音がよく響くように設計されています。

S90 シリーズ(アルト)のティップオープニングは以下のようになっていて、S80 よりもティップオープニングの開きが小さいラインアップになっています。

(S90 190 が S80 C☆ と同じティップオープニングのサイズになります。)


S90(アルト)
170 : 1.40mm
180 : 1.50mm
190 : 1.70mm


この中では、180 が最も人気があり、S90 シリーズの定番モデルになっています。

この S90 シリーズは、音量は S80 ほど出ませんが、音色や音程が非常に安定していて、S80 よりもコントロールしやすいマウスピースです。

また、S90 シリーズはティップオープニングの開きが小さいマウスピースですので、硬めのリードとの相性がいいです。

この S90 180 のマウスピースは、セルマーの楽器を買った時に付属として付いてくるマウスピースとしても有名です。

私も楽器はセルマーなのですが、私がセルマーの楽器を購入したのは今から20年以上前になりますので、まだこのS90のマウスピースはなく、私の楽器に付属で付いてたのは、S80 C☆ でした。

S90 シリーズは、ティップオープニングの開きの小さいラインアップですので、息の量が少ない女性の方とかですと、定番の 180 よりも 170 の方が音が出しやすくて、コントロールもしやすいかも知れませんね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

マウスピース | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<息の向き | HOME | うまくなろう!サクソフォーン>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。