ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

息の向き

今日は、マウスピースから吹き込む、「息の向き、方向」について書いてみたいと思います。

サックスで高音域を吹く時に大きな悩みになってくるのが、「音程の上ずり」です。

音が高くなってくるにつれて、「ヒャ~~~」とか、「ヒェ~~~」とかいう情けない音が出て、音程が上ずってくるのがこれに当たります。


この音程の上ずりの原因となるのが、マウスピースから吹き込む「息の向き、方向」です。

よくやってしまうのが、音が高くなるに連れて、吹き込む息の方向が上向きになってきます。

音程の上ずりの原因は、この吹き込む息の方向が上向きになってしまうことで起こります。

「息の向き」とは、息を吹き込む時の口の中の息の向き、方向です。
この息の向き、方向を変えることで、音程の落ち着くポイントが変わってきます。


ジャズなどでは、このように吹き込む息の方向を変えることで、音程をわざと不安定にさせて表現の幅を広げる奏法もあるのですが、通常は音程が上ずらないように吹かなければなりません。

この高音域での音程の上ずりを治すためには、マウスピースに対してまっすぐの方向に息を吹き込んでやり、息の方向が上向きにならないようにしてやります。

この息の方向ですが、下向きに息を吹き込むようにと指導される先生もいらっしゃいます。

この指導についても、息の方向が上向きにならないようにするということで、マウスピースに対してまっすぐの方向に息を吹き込むようにすることと理屈は同じです。

マウスピースに対してまっすぐの方向に息を吹き込むことで、アルトですとネックは斜め下方向に向いていますので、吹き込む息の方向を真っすぐにすることで、息の方向は斜め下向きになります。

そして、スピードのある息がマウスピースから入り、ネックの延長線上にまっすぐまっすぐ伸びていく感じです。

アルトですとネックのカーブをも吹き込む息がつきぬけて、さらに先に息が突き進んでいくイメージです。

このようにスピードのある息をマウスピースの延長線上にまっすぐ吹き込んでやることで、高音域の音程が上ずらなくなり、太くてよく響く高音域が吹けるようになってくると思います。

試しに、口の中の息を上向きにして吹き込んだ時と、マウスピースに対してその延長線上にまっすぐに吹き込んだ時の音を比べてみるとよく分かると思います。

コツとしては、高い音を吹く時は、目の視線を音の高さに合わせて上方向に向けずに、視線はマウスピースの延長線上をしっかり見つめて息を吹き込むようにするといいと思います。

この「息の向き、方向」は音程の上ずらない安定した高音域を吹くためには非常に重要です。

息のスピードコントロールと同様にしっかりと意識して吹きましょう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<楽器の調整 | HOME | Selmer S90 180>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。