ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

中古品の楽器を購入する際の注意

楽器を購入する際のポイントでは、「プロまたは上級者に購入する楽器を選定してもらう」ことがポイントだということを書きましたが、次は中古品の楽器を購入する際の注意について書いてみたいと思います。

人それぞれに楽器を購入する際には事情とかもあり、まず決めるのは予算をどのぐらいにするかということになると思いますが、例えば30万円を予算とした場合、国産モデルの新品にするか、セルマーなどの有名海外ブランドの中古品で30万円程度の楽器を探すかという選択支が出てくると思います。

これはひとつの例ですが、要は中古品の楽器を購入する時にどのようなことに注意すればいいかということです。


中古品として出回っている楽器は、前のオーナーの様々な事情によって楽器が下取りに出されて、その楽器が市場に出回っているのですが、中古品を購入する際にはいくつかの注意事項があります。

中古品のサックスの中には、非常に程度のいいものもたくさんあり、プロや音大生などが使っていたものならば、楽器がしっかりと吹き込まれており、音の抜けもよくて音程のバランスのいい楽器が多く、そのような中古品のサックスを手にした人はラッキーだと思います。

しかしながら、前のオーナーがその楽器を長い間吹かずにしまっておいたような楽器や、傷などはほとんどないけど、個体差のあるハズレの楽器とかですと、見た目は綺麗で程度がよさそうに見えたりもするのですが、実際に買って吹いてみると音程がすごく悪い楽器だったり、音抜けの悪いあまり鳴らない楽器だったということもよくある話です。

まずひとつは、中古品を購入する際には、見た目の綺麗さでその楽器の程度を判断しないようにするということです。


次の注意点ですが、「中古品の楽器は絶対にインターネットの通販などでは購入しない」ことです。


インターネットで極上の中古品ということで、いろんな楽器が出ていると思いますが、インターネットで購入する場合は、購入した後のアフターサービスがほとんど受けられないという大きなデメリットがあります。

もちろん、インターネットでの通販ですので、試奏もできないものがほとんどですし、前のオーナーがどんな人で、その楽器をどのように使っていたかの情報も分からないような楽器や、何かの訳アリでその楽器を店頭販売できない事情のある楽器が多いからです。

インターネットでの通販で購入する価値があるのは、地方に住んでいてプロの先生の選定品の楽器が欲しいんだけど、近くの楽器店には選定品の楽器がない場合とかに、インターネット通販で有名プロの選定品の新品の楽器を購入する場合だけです。

新品の楽器であれば、当然メーカーの保証がついていますし、アフターについてもそれほど心配する必要がないからです。


それでは、中古品の楽器を購入するのには、どのようにして購入するのがいいかということですが、中古品の楽器を購入する際には、必ず自分が直接足を運んでその楽器を実際に試奏させてもらえる楽器店で購入するということが絶対条件です。

また、その中古品の前のオーナーがどんな人だったか、その楽器をどういう風に使っていて、どういう理由で手放したのかも聞き出せるのであれば、それがベストです。

中古品は、これもまた中古車と同じで、店頭に並べたりする以上は、売った後にクレームなどが出るとその楽器店の信用問題にも関わることになりますので、実際に店頭に並んでいる中古品は外見が少し悪くても程度のいい楽器であることが多いと思います。

あと、楽器のリペアマンが常駐しているようなお店であることも大切な条件です。
リペアマンが常駐しているお店であれば、アフターサービスも安心ですし、万が一調整不良などがあった場合もすぐに楽器を持って行って見てもらえると思います。


実際に楽器店で中古品の楽器を試奏してみて、自分の欲しい中古品が見つかったとしましょう。

そして、その楽器を購入したいということになった時ですが、その中古品の楽器が「現状渡し」なのか、「オーバーホール後渡し」または「調整後渡し」なのかもチェックしてみましょう。

割と程度のいい楽器であれば、「現状渡し」の楽器も少なくありませんので、楽器店に現状渡しと言われた時に、お店の人やリペアマンの人と交渉して、調整またはオーバーホールを購入するサービスとして付けてもらうようにすると安心です。

中古品の楽器は、新品の楽器とは違い、タンポが老朽化していたり、調整も狂っていたりするので、購入後にすぐ楽器の調整に出さないといけなくなったりもしますので、その分を購入の際にサービスとして付けてもらうのです。

その交渉を快く引き受けてくれる楽器店であれば、良心的でいい楽器店だと言えます。

そんな楽器店であれば、楽器購入後も次の楽器に買い換える時などもいろいろとサービスをしてくれたり、楽器の調整などでも簡単な調整ならば無料でしてくれたりと、今後もその楽器店やリペアマンの方ともいいお付き合いをしていけますよね。

こういうことは、ごくごく常識的なことなのですが、インターネットで激安のよさそうな中古品をたまたま見つけてしまったりするとついつい忘れてしまったり、見えなくなってしまったりすることですので、このような感じで記事にしてみました。


あなたにとって自分の素敵なパートナーとなる楽器が見つかることを祈っています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

楽器の選び方 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<タイトなアンブシュア | HOME | 楽器を購入する際のポイント>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。