ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

タイトなアンブシュア

サックスでは、ソプラノサックスのような小さいマウスピースで吹く時や、フラジオを含む高音域を吹く時には、この「タイトなアンブシュア」で吹きます。


以前の記事で、「噛み過ぎのアンブシュア」について書きましたが、タイトなアンブシュアというのは、「噛み過ぎのアンブシュア」のように、マウスピースを上下に強く噛むアンブシュアではありません。

アンブシュアの記事でも触れましたが、マウスピースをくわえるときは、唇全体で周りからマウスピースを包み込むような感じでくわえます。

そして、タイトなアンブシュアとは、下唇を強く噛むようにするのではなく、唇全体でマウスピースをギュっと締めるような感じにしてやることを指します。

分かりやすくいえば、きんちゃく袋の口をギュっと締めるような感じです。

つまり、唇全体でマウスピースをギュっと締めてくわえるのがタイトなアンブシュアです。


このタイトなアンブシュアの時は、下唇の部分は「下唇だけでリードを支えてやる」ようにする点については変わりません。

音程を上げたりする時も同じですね。下唇だけでリードを圧迫して、音程を上げてやります。


下唇の力だけですと、リードの振動を殺すほどにはならず、下唇のクッションがうまく効いてくるという訳です。


このタイトなアンブシュアを作る時は、下の歯で下唇を噛んでしまわないようにするのが一番の注意点です。

マウスピースを強く噛んでしまうアンブシュアの癖が直ってきて、マウスピースを強く噛まないようになってくると、このタイトなアンブシュアも感覚がつかめると思います。


また、高音域から低音域に下りていくにつれて、このタイトなアンブシュアを緩めていって、リードが大きく振動しやすいようにしていくのですが、この時のアンブシュアの緩め方は、「口を縦に緩める感じ」にしてやると、アンブシュアを緩めた時に口の両端から息が漏れたりせずにうまくアンブシュアを緩められると思います。

高音域になるとどうしてもマウスピースを強く噛んでしまって、下唇の裏側に歯型がついて痛くなってしまうという人は、タイトなアンブシュアよりも先に下唇を強く噛まないようにすることが先決です。

下唇を噛まないでタイトなアンブシュアを作るためには、口をすぼめて「おちょぼ口」を作るような感じにすると下唇を噛まずにタイトなアンブシュアになるかも知れません。


アンブシュアは正しい形ができて、それを定着させるまでにかなり時間がかかりますので、普段の練習の時から自分でチェックしながら、悪い点については意識して直していくようにしましょう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

アンブシュア | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<サクソフォーンのためのトレーニング・ブック | HOME | 中古品の楽器を購入する際の注意>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。