ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Saxophone Symphonette / David Bennett (サクソフォーン シンフォネット) の音源を見つけました

今回はサクソフォーンアンサンブルの音源です。

2ATB編成の曲では、名曲中の名曲と言われている、ベネットのサクソフォーン シンフォネットです。

その昔、私が中学高校時代だった頃、アンサンブルコンテスト全国大会で大流行していた曲です。
当時はまだソプラノが今ほど普及していない時代でしたので、中高生にはこの曲が大人気でした。

今ではソプラノサクソフォーンが普及し、サクソフォーン四重奏もほとんどがSATB編成になったため、この名曲もアンサンブルコンテストではほとんど登場しなくなってしまいました。

そんな、2ATB編成が少なくなってきた今の時代に、うちのアンサンブルでは、あえて2ATB編成の曲をやっていこう!ということで、この曲もその1つとして候補曲となりました。


この曲は音源がなかなか手に入らなくて、楽譜は手に入るけどどんな曲なのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

ということで、YouTube でたまたま外国人の方がアンサンブルで演奏している音源がありましたので、掲載することにしました。

外国人の方のアンサンブルで、ちょっと粗っぽい演奏なのですが…









リンク先の演奏が削除されていたので、違う2つの団体の演奏をリンクし直しました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

アンサンブル | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<Selmer Alto Saxophone SA-80Ⅱ (SERIEⅡ) | HOME | YouTube で見つけたビデオです>>

この記事のコメント

吹奏楽部のテナーの方からコメントを頂きました。

この曲をやることになったのですが、テンポが速くてできないとのことで、どうすればいいかという質問でした。

確かにこの曲は、速い指回しが聴かせどころの曲ですよね。

中学生やサックスを始めたばかりの人とかですと、速い指回しの曲は本当に苦労しますよね。

私も、どんな風に練習すればいいかをよく聞かれるのですが、指回しの速い曲はとにかくメトロノームをかけて、最初はゆーーーっくりのテンポで練習して、指使いが頭に焼きつくまで繰り返し練習をして、できるようになったら少しずつテンポを上げて練習していくしかありません。

私も指がバラバラと動く曲は苦手なのですが、こればっかりは地道に練習していくしかないので、私も指回しが速くて難しい曲は最初はゆっくりから練習するようにしてます。

あと、速い指回しが割と楽にできるようになるためには、基礎練習でいろんな音階スケールを日頃からしっかりと練習する習慣を付けておくと、速い指回しの曲でも指が動きやすくなります。

日頃から半音階や分散音階などのスケールなどをしっかり練習しておくといいと思います。
2009-11-08 Sun 03:30 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-10-31 Sat 17:41 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。