ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

サックスの音程

サックスという楽器は、もともと音程が変わりやすい楽器ですので、実際に普通に楽器を吹いてみても楽器の特性上、音程が高くなりやすい音と、低くなりやすい音があります。

オクターブキーを押した中音域のレ、ミ、ファ(Mid D、E、F)辺りの音は、普通に吹いても音程が高くなりやすいですし、オクターブキーを押さない中音域のソ、ラ、シ(Low G、A、B)辺りの音は低くなりやすい傾向があります。

これは、作りのしっかりした音程の狂いの少ないサックスでもこの傾向があります。

例えば、B♭でチューニングを合わせても、普通に吹いてるとこれらの音はそれぞれ高くなってしまったり、低くなってしまったりします。

こういったサックスの特性上、どうしても高くなったり低くなったりしてしまう音は、アンブシュアをタイトにしたり、緩めたりしてやることで調整したり、替え指を使ったりして音程を合わせていく訳ですが、チューナーの針とにらめっこしながら音程と格闘していると、サックスの特性による音程のズレに振り回されてしまうだけになってしまいます。

このあたりの音は、正しい音程を取るのに苦しむ人が多いのですが、正しい音感を身に付けることによって、自然と正しい音程で吹けるようになってきます。


正しい音感を身につけるには、とにかく耳を鍛えることです。

チューニングで音程を測る時など、チューナーのセンサーに頼ったりしていませんか?

チューナーの針とにらめっこしていても、正しい音程の音がどのぐらいの高さの音なのかを実際に自分の耳でよく聴いて感じながら吹かないと、楽器の音程に振り回されてしまうことになります。

正しい音感を身につけるには、正しい音程の音をしっかりと聴きながらその音を頭でイメージして音を出す練習をするのが一番効果的です。


そのためには、チューナーの音を出して、その正しい音程の音をよく聴きながらロングトーン練習を積むことが一番効果のある練習です。


練習方法としては、チューナーから出てくる音と自分の吹く音が1つの音に聴こえるように練習します。

正しい音程の音を常にイメージしながら吹くようになると、自然と体が正しい音程で吹く感覚を覚えますので、自分で意識的にアンブシュアをタイトにしたり緩めたりして音程を調整しようとしなくても、自然に体が正しい音程で吹くことを覚えますし、耳がよくなると他の楽器の音程にも自然に合わせたりすることもできるようになってきます。

このように、チューナーでもいいですし、キーボードなどの音程の正確な鍵盤楽器などで音を出して、その音をよく聴きながら、正しい音程の音を頭でイメージしながら音を出すことで正しい音感が磨かれていきます。

人間って不思議ですよね。

音程を合わせるのに苦労している人は、ぜひとも正しい音程の音をしっかりと聴いて、その音程をイメージしながら楽器を吹くようにして正しい音感を養って下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

音程 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<サミによるサクソフォンのための24のやさしい練習曲 | HOME | フラジオ奏法について>>

この記事のコメント

詳しくありがとうございます。
頑張ってみます!!
これからも来させてもらいます!!
2011-03-29 Tue 15:43 | URL | 美樹 #-[ 編集]
>美樹さん

こんばんは。管理人のTakaです。

サイドキーの「レ」ということは、左手の手のひらで押さえる高い「レ」の音のことでしょうか?

サイドキーを使った高音域は、アンブシュアもタイトになりますし、腹式呼吸が十分でなくて息のスピードの足りない人にとっては、マウスピースを強く噛んで高い音を出す傾向がありますので、余計に高くなってしまう人が多いのではないでしょうか?

噛みすぎのアンブシュアを矯正したり、腹式呼吸をしっかりと身につけるには、先輩の言われるように日々のロングトーン練習などを地道に積んでいくしかないと思いますが、楽器の構造上、どうしても高くなりやすい音については、アンブシュアを締めたり緩めたりして音程を調節する方法もありますが、アンブシュアでも調整できない音程の調節は替え指を使って対応するケースがほとんどです。

このブログに、替え指による音程の微調整について書いてますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

替え指の微調整の記事は、以下のURLです。

「替え指による音程の微調整」

http://takasax.blog39.fc2.com/blog-entry-57.html

速いテンポのパッセージなどは、音程のズレはそれほど目立ちませんが、伸ばしの音や静かな部分でのゆったりとしたメロディーとかでは音程のズレが目立ちますので、アンブシュアを緩めても音程が下がらない場合は、替え指を使って音程を下げるようにしてみて下さい。

替え指は、運指表に出ているものもありますが、上記の記事に書いているような方法で、即席の替え指を自分で見つけることもできますので、ぜひ研究してみて下さい。

毎日の練習、頑張って下さいね!

2011-03-28 Mon 23:24 | URL | Taka #-[ 編集]
はじめまして。
中学校の部活でsaxをやっています。
中2です。
質問なんですけど、saxのサイドキー(レ)が高いんです。楽器の構造上高くなりやすいのは知っています。
だけど、今度のコンクール曲にその音が頻繁にでてくるんです。
ロングトーンしろ!と先輩にいわれるんですけど、楽器の構造上高いものは高いじゃないですか。
どうすればいいですか?

2011-03-28 Mon 23:03 | URL | 美樹 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。