ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

オクターブキーを押した中音域の 「レ」 の音について

今日は、オクターブキーを押した中音の「レ」の音について書いてみたいと思います。


オクターブキーを押した中音の「レ」の音は、音抜けが悪くて音色もこもりやすい音ですよね。

サックスを吹いている人ならば、誰もが感じる感覚だと思います。

また、この「レ」の音はサックスの楽器の特性上、音程が高くなってしまう音としても有名です。


このオクターブキーを押した中音の「レ」の音ですが、お腹からしっかりと息に圧力をかけて吹きこんでやらないとなかなか音抜けしてくれません。

しかしながら、この「レ」の音は少々粗っぽく息を吹き込んでやっても音が「ベーベー」という汚い音にはなりにくい音でもあります。


では、この中音の「レ」の音を抜けをよくするために、お腹でしっかりと息に圧力をかけて吹くためのちょっとした練習方法を紹介してみたいと思います。


まず、中音の「ド」の音をロングトーンしてみて下さい。
アルトであれば、オクターブキーを押さない左手の中指1本だけの実音E♭の音です。


どうですか?響きにくい音ですよね。

息の量をたくさん吹き込んでやらないと、ドの音がかすれたような音になって、音が細くて汚い音になってしまうと思います。

また、全部キーを離した中音の「ド♯」の音も同じようになかなか響かない音になってしまいますよね。

これは、指を離した開放の運指ですので、マウスピースから吹き込む息がどんどん楽器の穴から出ていってしまって、たくさんの息を吹き込んでやらないと楽器の管体が響いてくれないのです。

それでは、この中音の「ド」の音をとにかくありったけのたくさんの息の量を吹き込んでロングトーンしながら、オクターブキーを押して問題の中音の「レ」の音に上がってみて下さい。


そうすると、中音の「ド」の音を吹いていた時にはマウスピースからどんどん楽器の中に入っていってた息が、自分の口の方に逆流してグッと戻ってくるようになりませんか?


これは、運指が閉塞の運指、つまりキーで穴をたくさん塞いだ運指になりますので、息が管体の中を通る距離が長くなって、今までたくさんマウスピースから入っていた息が楽器の外に逃げなくなって口に押し戻されるようになるのです。

ポイントはココです。

中音「ド」の音でロングトーンしながら、「レ」の音に上がった時に口に押し戻される息をお腹の力をつかってグッと押し返してマウスピースの中に押し込んでやるようにします。

つまり、逆流する息に負けないように息をお腹の力で楽器に吹き込む練習をするのです。

中音「ド」の音をとにかく息の量をたくさん吹き込むようにして、息が広がらないように1点に集中する感じでロングトーンしながら、オクターブキーを押した「レ」に上がり、息が押し戻されないようにお腹で息を押し返しながら「レ」の音をロングトーンします。

つまり、中音「ド」と中音「レ」の音を吹き込む息の量と圧力が変わらないように息はまっすぐ同じ強さと速さで吹き込んで、「ド」と「レ」の音の変わり目で息の抵抗感がなくなるまで練習します。

この練習をすることで、お腹の力で息をコントロールする感覚を自分の身体に覚え込ませるのです。

「ドーーーー(息を1点に集中してたくさん入れてやる)レーーーー(口に戻ってこようとする息をお腹でグッと押し返してやる)」


この繰り返し練習です。

この練習は、お腹で息に圧力をかけるための非常にいい練習になりますので、みなさんも一度試してみて下さい。

中音「ド」から「レ」に上がる時に、息の抵抗を感じなくなってくると「レ」の音がよく抜けるようになっていると思います。

中音「レ」の音はこもりやすい音ですが、この練習をしっかり積むと音抜けがよくなってきて、逆に「レ」の音がこもりやすい音というよりは、息をちゃんと吹き込んでやればよく響く音であるということに気付くと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

音色 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<吹奏楽について | HOME | バリトンサックスについて>>

この記事のコメント

参考になりました!
2013-01-08 Tue 22:48 | URL | てなーらぶ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。