ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

腹式呼吸

管楽器を演奏する奏者にとって、腹式呼吸は必ず習得しなければならないものの1つです。

腹式呼吸ができなければ、いくら練習をしてもいい音を出すことはできません。


腹式呼吸とは、簡単に言えばお腹で息をすることです。
「お腹で息をするんだよ」と言われても、なかなかピンと来ない人が多いのではないでしょうか。


腹式呼吸で一番大切なことは、「お腹で息をする感覚を覚えること」です。


人間は、日常生活の中では肺呼吸を行い、空気中から酸素を取り入れて二酸化炭素を吐き出しています。

深呼吸をする時に、あなたはどのようにしますか?

きっと両手を広げたりして、肩を上げて空気を胸いっぱいに吸い込むのではないでしょうか。

これが肺式呼吸です。


腹式呼吸は、肺式呼吸とは違って肺ではなくお腹で息をします。

息を吸う時に肩を上げてしまうと肺に息が入りますので、肩を上げないようにして、吸った息でお腹を膨らませるように息を吸って、吐く時はお腹を引っ込めるようにしてお腹に入った息を押し出すようにして吐きます。

これが腹式呼吸です。


ここでは「吐く時はお腹を引っ込めるようにして」と書きましたが、サックスなどの管楽器を吹く時に使う腹式呼吸では、息を吐く時はお腹は引っ込めるようにせずに、「お腹を引っ込めないように」吐きます。

つまり、腹筋に力を入れて、逆にお腹を突き出すような感じで息を吐きます。


中高生の方で、吹奏楽部に入っている人とかですと、腹式呼吸の練習ということで腹筋運動をよくやっている人がいらっしゃるようですが、正直言って腹筋運動は管楽器を吹く時に使う腹式呼吸を習得するための練習としてはあまり効果がないように思います。

腹筋運動をすることによって、お腹の筋肉は鍛えられますが、この「お腹で息をする」感覚が分からなければ、腹式呼吸の時にせっかく鍛えた腹筋を使うことができません。

これが腹筋運動が腹式呼吸の練習にはあまり効果がないという理由です。


ですので、管楽器を吹く時に使う腹式呼吸を正しく効果的に習得するためには、まず「お腹で息をする」という感覚をしっかりと覚えることが大切です。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

腹式呼吸 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<腹式呼吸の練習1 | HOME | ESM Jazz #7 (アルト)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。