ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

もう一人のホンダさん

今日は、もう一人のホンダさんで、T-SQUAREの元メンバーだったフュージョンサックスプレーヤーの本田雅人さんについて書きたいと思います。


こちらも同じホンダさんなのですが、こっちのホンダさんの字は、「本田」です。

本田雅人さんは、日本を代表する超一流のフュージョンサックスプレーヤーです。

次は、彼との出会いについて書きたいと思います。

彼との出会いは2000年の夏の終わりのことです。
とあるCDショップで私が時間つぶしをしていたときに、Jazz&Fusionのコーナーで目ぼしいCDを探していた時のこと。

ちょうどそこで、新作CDの視聴コーナーがあって、そこで彼のアルバムを見つけました。

彼のアルバム「Real-Fusion」です。

私は最初、このアルバムのジャケットを見たときに、なんて生意気そうな顔した若者がサックスを持って写ってるんだ…と思いました(笑)

これもまた、本田さんには大変失礼な話なのですけどね…

ちょうど視聴できるCDだったので、どれどれお手並み拝見といくか…とヘッドフォンを取って、再生ボタンを押しました。

1曲目は、彼を知る人なら誰もが知っている、「放課後は日曜日」です。
彼の演奏が始まるや否や、これまた腰を抜かしそうなぐらい驚きましたね…

彼の音、テクニックを目の当たりにして、「こんな凄いサックスプレーヤーが日本にもいたんだ…」と…

彼の音を初めて聴いた私は、これまた彼の音の魅力に一発で取り付かれてしまい、その場で彼のアルバムを買って帰りました。

その後、彼のことを知るうちに本当に驚くべき事実がいろいろと出てきましたね。

恥ずかしいことに、彼がT-SQUAREの元リードサックスをやっていたことを実は後から知ったのです(笑)

私はフュージョンが大好きで、THE SQUARE の大ファンで、昔はTHE SQUAREのアルバムはすべて制覇し、伊東たけしさんの大ファンで、彼のアルバムもよく聴いていたのですが、伊東たけしさんがTHE SQUAREを離れてからは、SQUAREも全く聴かなくなり、T-SQUAREになってからは誰が何をやっているかなど全く興味も持たなくて、聴くことすらしなかったからなんです。

どうりで彼がT-SQUAREのリードサックスをやっていたなんて知る由もないはずです…(苦笑)

本田雅人さんは、高知県中村市の出身で、音楽の先生をしている父の影響でサックスを始めました。

その後、彼は国立音楽大学に進み、クラッシックサックスを勉強する傍ら、大学生にも関わらず、プロのジャズサックスプレーヤーとして活動していました。

そんな彼は国立音大の中でも「伝説の人」と今でも語り継がれているらしいです…

クラッシックサックスを勉強しながらもプロジャズプレーヤーとして活躍し、卒業演奏試験では、クラッシックの曲を演奏して、審査員の教授に絶賛される名演奏をして、満場一致の主席の評価を得て、国立音楽大学を主席で卒業したのです。

音大の卒業演奏でクラッシック曲の名演奏を残しながらも、プロではフュージョンプレーヤーとして第一線で活躍している彼は筋金入りの本当に凄い人なのです…

私の一番尊敬しているプロのサックスプレーヤーですね。

独断と偏見ですが、私は日本のフュージョン界ではダントツでNo.1の技術とテクニックを持つサックスプレーヤーだと思っています。

彼は本当に器用なプレーヤーで、ソプラノ、アルト、テナー、バリトン、EWI (電子サックス)が吹けることはもちろんのこと、サックス以外にも、フルート、トランペット、ギター、リコーダーなどなど、いろんな楽器をこなせる上に、歌まで歌ってしまうというマルチプレーヤーなのです。

彼のライブに行ったことのある人なら分かると思いますが、彼のライブに行くと、彼のマルチプレーヤーぶりがたっぷりと味わえます。

彼の演奏を見てみると分かると思いますが、叩き上げのプロとは違って、サックスの専門教育を受けた洗練された技術とテクニックが随所に見られます。

私が一番好きなのは、彼のアンブシュア(楽器のくわえ方)とキーを押さえる運指ですね。
余分な力がどこにも入っていなくて、本当に楽器を吹いているのか?とも思える本当に楽なアンブシュアから吹き込まれる、パワフルで美しいサウンド…

どんなに難しくて早いパッセージでもいとも簡単に吹きこなす早くて楽な指の運び……

きっとサックスをやっている人が見ると、誰もが憧れる演奏スタイルであるのは間違いないですし、しかもそれを涼しい顔でやってのけるところがプロの中のプロを感じさせますね。

彼の運指や奏法は私が目標とする演奏スタイルですね。


先述で、本田さんのことを生意気な顔をした若者と書きましたが、実は本田さんは私よりも年上で、年齢はもう40半ばなんですよ(笑)

そうです、本田さんはものすごい童顔なんです…(笑)

これもまた驚きましたね。


CDやDVDでも十分彼の魅力は堪能できますが、やはり生に勝るものはないですね…

彼のCDで私のオススメは、

「Real-Fusion」




「The Best And More」




「Assemble A Crew」





オススメDVDは、2004年9月に渋谷で行われたライブDVD、

「Masato Honda LIVE! Assemble A Crew」




です。


とにかく、本当に凄い人ですので、本田さんの音を聴いたことのない人はぜひとも聴いてみて下さい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:FUSION - ジャンル:音楽

Fusion | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<音色の作り方 | HOME | 2人のホンダさん>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-11-28 Wed 11:18 | | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-11-28 Wed 11:13 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。