ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

音にスースーと息の音が混じってしまう

今日は、音にスースーという息の音が混じってしまうことについて書いてみたいと思います。

前回のツバのズルズル音が混じってしまうという話題に続いて、次は吹いているとスースーという息の音が混じってしまうという問題ですが、これも経験の多い方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

音に息のスースー音が混じってしまうのにも、いくつかの考えられる要因があります。



サックスを吹く時に、息のスースー音が混じってしまうのは、リードが吹き込む息に対して十分に振動していないことを表しています。



チェックポイントを以下に挙げてみましょう。

1.リードが硬くて自分に合ったリードを使っていない。

2.リードのバランスが悪くて、リードがちゃんと振動していない。

3.リードがマウスピースに正しくつけられていないため、リードがちゃんと振動していない。

4.リードが乾いていて、リードが十分に湿っていない。

5.ティップオープニングの開きの大きいマウスピースに硬いリードを合わせている。

6.楽器の調整が狂っていて、タンポがきっちり塞がれていなくて息漏れがしている。



では、順番にチェックしてみましょう。

まず、1番目です。

ほとんどの人がこれが原因になっている可能性が一番高いのではないでしょうか。

私がよくコメントしているBBSでもよく見受けられるのですが、中高生の間では硬いリードを吹きこなすようになることがサックスを上達することだと思い込んでいる方が結構いらっしゃいます。

このブログでも触れましたが、リード選びの基本は自分が一番音の出しやすいものを選ぶことで、決して硬いリードを吹きこなすようになることが上達することであるとか、上級者であるということではありません。

そのBBSでは、2半のような柔らかいリードを吹いているヤツは初心者だ!と先輩や同級生に言われたのですが…という方がいらっしゃいましたが、とんでもない話ですね。

プロの奏者でも、2半の硬さのリードを愛用している人はたくさんいますし、マウスピースの種類や仕様、その人の奏法やポテンシャルによっても適したリードの硬さは違ってきます。

しかし、世間一般の中学高校の吹奏楽部では、硬いリードの方が太くていい音が出るし、硬いリードを吹きこなすことが上達することだという話が当然のこととしてまかり通っているようです。


私が昔、クラッシックサックスのプロの先生に教わった時には、そのプロの先生は柔らかいリードの方が柔軟性にも富み、音も柔らかい音が出るということで、当時の私はクラッシック向けのクランポンのマウスピース(フェイシングが短くてティップオープニングの開きが大きいマウスピース)に、柔らかい Rico LaVoz の Medium Hard を合わせて愛用していましたし、その先生も同じ Rico LaVoz の Medium Hard を愛用していました。

ですので、まずは今自分が使っているリードの硬さが本当に自分に合っているかどうか?ということをもう一度根本から見直してみましょう。

よく、柔らかいリードだと「音がベーベー言って汚くなる」という人がいますが、これもマウスピースをくわえる深さに注意して、マウスピースを上下に強く噛まずに周りから包み込むようにくわえて、息も1点に集中して吹くようにすることでほとんどが改善されると思います。(私がこれまでの記事で触れてきた内容です)



次に、2番目です。

リードのバランスが悪くて、リードがちゃんと振動していない。
これはもうみなさんもお分かりですよね?

俗に言う、「ハズレ」のリードを使った場合のことです。

これを改善するには、ハズレのリードを違うリードに変えるか、リードのバランスの悪い部分をサンドペーパーか「とくさ」でリードを少し削ってやって、リードのバランスを調整して吹きやすくすることです。

なお、リードの削り方については、私が以前にご紹介した、ラリーティールの「サクソフォーン演奏技法」の本の中に詳しく解説されていますので、参考にしてみて下さい。



次に、3番目です。

リードがちゃんとマウスピースにつけられていない。
これも、リードの正しい付け方について以前の記事で触れましたね。

リードをマウスピースに付ける位置が、上下左右にズレているとリードがちゃんと振動しないため、息をしっかり入れても息の音ばかりが大きくなり、息の音で音色がかすれるような感じになってしまいます。



次に、4番目です。

リードは、口でなめたり、水につけたりして、リードが十分に湿った状態で吹くのが基本です。

リードが乾いていると、リードがきれいに振動してくれず、音も粗くなったりしますので、リードは乾かないように口でなめたり、水につけたりして、吹く時には十分に湿らせておくようにしましょう。



次に、5番目です。

これについても、ティップオープニングの記事でちらっと触れましたが、もしも硬いリードを使うのであれば、その硬いリードを十分に振動させるだけの息の力があるか、ティップオープニングの開きの小さいマウスピースを選ぶようにしなければ、逆にティップオープニングの開きの大きいマウスピースに硬いリードを合わせると、リードが硬くて十分に振動せず、息の音ばかりが目立つようになってしまいます。

外国人のプレーヤーなどは、日本人に比べると身体などもすごく大きくて、息の力も身体の小さい日本人に比べるとかなり強い人が多いので、外国人のプレーヤーなどのセッティングを日本人がそのまま真似たとしても、同じように吹きこなすことは難しいと思います。



そして、最後に6番目です。

これもまた言わずと知れたことですね。

サックスはいくらハイグレードでいい楽器を使っても、その楽器の調整が不十分な場合はその楽器の持つ本来の音を出すことはおろか、上級者やプロが吹いても明らかに吹き辛くて、音もかすれたりしてしまうということがよくあります。


楽器は定期的にメンテナンスに出すようにして、常に楽器のベストコンディションを保つようにしておきましょう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

音色 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<替え指による音程の微調整 | HOME | 音にズルズルとツバの音が混じってしまう…>>

この記事のコメント

> 未熟者さん

こんにちは。Takaです。

返信が遅くなってしまってすみません。
リードの選び方、大切ですよ。

未熟者さんのように、硬いリードを使っている人が上級者という風に考えている方は結構たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

それは、硬いリードを使っているのが上級者だというのは、結果としてそうなっていると言った方がいいかも知れませんね。

上級者になると、腹式呼吸がしっかりとできるようになり、吹き込む息の量が増えて、息の圧力も強くなってくると柔らかいリードだと柔らかすぎるようになってきて、結果として硬いリードを使うようになっているだけです。

腹式呼吸がしっかりとできている人でも、女性の方や、身体の小さな方とかですと、柔らかいリードでも十分ですし、何よりも自分が楽に音の出せるものを使うのが一番ベストです。

プロの奏者でも、柔らかいリードを愛用している方はたくさんいらっしゃいますし、上手な仲間や先輩たちが硬いリードを使っているからと言って、自分も真似して硬いリードを使う必要は全くありません。

リード選びの基準は、あくまでも「自分が一番楽に音を出せる硬さのものを選ぶ」ということです。


頑張って下さいね!
2013-10-17 Thu 09:40 | URL | Taka #-[ 編集]
中学2年の吹奏楽部員です。
私はSAXパートの中でもかなり下手なんですが、私の同輩ですごくうまい(私から見てですが)人がいてその人は3半のリードを使っています。
私はリードが硬い方が上級者という固定概念を待っていてほぼ無理やりリードを硬くしました。
でもこの記事を読んで「自分は本当にこの硬さのリードがあっているか」ということを考え直しました。
結果「このリードは自分に合っていない」と思いました。
この記事のおかげでこの事に気付けました、ありがとうございます。
2013-10-02 Wed 19:39 | URL | 未熟者 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。