ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

替え指による音程の微調整

今日は、サックスの音程の微調整です。

みなさんご存知かも知れませんが、サックスという楽器は正しい音程を取るのが難しい楽器です。

サックスでは、楽器の特性で音程が高くなりやすい音、低くなりやすい音がありますね。

また、同じメーカーの同じモデルのサックスでも、楽器1本1本のクセのようなものがあり、生産された時に固体差ができてしまうので、楽器を購入する際には、可能であれば上級者やプロの先生が選んだ選定品を購入するのがサックスを購入する時のポイントだということについても以前の記事で触れたと思います。

音程のムラの少ないプロの先生の選定品のサックスであっても、サックスという楽器は音によっては音程が高くなったり低くなったりしてしまうものです。

他の楽器と一緒に演奏したり、合奏、アンサンブルをする時に、他の楽器と音程を合わせる時には音程を微調整する必要が出てきます。

まずは、基本となる音でのチューニングです。

吹奏楽では、実音B♭でのチューニングが一般的ですが、オケを意識したバンドなどでしたら、実音Aでチューニングをします。


サックスの場合は、実音B♭もしくはAでチューニングをしても、必ずと言っていいほど他の音の音程が高くなったり低くなったりします。

そんな時は、たいていの場合は、アンブシュアをタイトにして音程を上げたり、アンブシュアを緩めて音程を下げたりして対応していることが多いと思います。


そこで、例えば音程のズレが大きく、アンブシュアで音程の調節が対応できない時には、替え指を使って音程の微調整をします。


サックスにはたくさんのキーがついていますよね。

そこで、アンブシュアで対応できないような音程の微調整は、このたくさん付いているキーを利用して替え指を使ってやる訳です。

例えば、シ♭やファ♯などの半音の代表的な替え指は運指表などにも掲載されていると思いますが、代表的なもの以外の替え指は運指表に書かれていなかったり、覚えるのが大変だったりしますよね。

そこで、便利なのが即席の替え指をその場で探してやるのです。

例えば、オクターブキーを押したレの音(サックスではこもりやすい音ですね)を例にしてみましょう。

オクターブキーを押した中音のレの音はサックスの楽器の特性上、音程の高くなりやすい音ですね。

この音の音程を下げるための替え指を探してやります。

このとき、自由に使える指は、右手の親指以外は左右の小指がフリーで使えますよね?

このフリーになっている小指を使って、音が変わらずに音程が少し下がるキーを探して押さえてやる訳です。

この場合でしたら、左手の小指で低音のシ、シ♭を吹く時のテーブルキーを押さえてやると音が変わらずに音程だけが下がります。

低音のシのキーを押さえると中音レの音が少し下がって、低音シ♭のキーを押さえるとさらに中音レの音程が下がります。


このように、アンブシュアで対応できない音程の微調整は、フリーになっている指を使って、音が変わらないけど、音程だけが上がったり下がったりするキーを探して、即席の替え指を見つけてやるのです。

正規の運指で押さえた時に、フリーになっている指を利用して、音程を下げたい時は押さえるとタンポが閉まるキーで音程は下がるけど音の変わらないキーを、音程を上げたい時は押さえるとタンポが開いて音が変わらずに音程だけが上がるキーを探してやる訳です。


文章にすると少し分かりにくいですね。

要は、フリーになっている指を使って、いろんなキーを押してみて、音程が上がったり下がったりするキーを見つけてそれを即席の替え指にしてやるということです。

替え指によっては、音色がこもりやすくなったり、音抜けも悪くなったりするものもあったりして、前後の音との繋がりが悪くなったりすることもありますので、替え指を使う時はその辺りも考慮して使うといいですね。

私も替え指はあまり好きではないのですが、アンサンブルなどで他のサックスと和音を吹く時にはこの即席の替え指をよく利用してます。


ソロを吹くときなどは多少の音程のズレなどは気にならないかもしれませんが、伸ばしの音とかで他の楽器との和音などを吹く時には、音程の微調整は不可欠ですね。


ということで、どんどん即席の替え指を見つけて、音程の微調整に利用しましょう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

音程 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<プロの先生方のアンブシュア | HOME | 音にスースーと息の音が混じってしまう>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。