ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

音の出だしのタンギング

今日は、音の出だしのタンギングについて書いてみたいと思います。

タンギングについては、過去の記事で一度触れましたが、今日はタンギングでも伸ばしの音や音の出だしの発音の時のタンギングにスポットを当ててみます。

タンギングと言えば、連続するスタッカートの音の時のタンギングを想像する方が多いと思いますが、音の出だしでも「トゥーーーーー」と言った感じで、音の頭の部分に舌を付くのもタンギングです。

このタンギングがうまくいかないと、音が「ベェーーーーーー」とか、「タァ!ーーーーー」といったように音の頭のアタックが汚くなってしまったり、アタックを意識しすぎると「スヮーーーーー」といったように音の頭の音がはっきり発音できずにかすれたような音の出だしになってしまいます。

タンギングとは、音を出す時に舌付きをして音の切れ目をはっきりとさせるのですが、基礎がしっかりとできていないと綺麗なタンギングでレガートで吹いたりするのが難しくなります。


まず、タンギングの基礎をおさらいしてみましょう。

タンギングは、マウスピースとリードの先端の隙間の部分を舌で埋めるようにして息をせき止めます。

そして、その状態のままで息の圧力をグッとかけてやります。

あとは、素早く舌をリリースしてやるだけです。


この時の注意点としては、リード面にべったりと舌をつけて息をせきとめないことです。

リード面に舌をべったりとつけていると、舌をリリースした時に、「ペッ!」とか、「ベッ!」とかいう舌のリリース音が音の出だしに聴こえてしまい、汚い音の発音になってしまいます。

舌で息をせき止める時は、舌の先よりも少し奥の部分だけでマウスピースとリードの先端部分の隙間を埋めてやるようにして、舌の先は下の歯の裏側に下げてリードに当たらないようにしておくといいと思います。

次に、舌をリリースする時のコツですが、舌をリリースするときは、舌を上下に動かすようなイメージではなく、舌を前後に動かす感じで素早くリリースしてやります。

つまり、舌を奥に素早く引っ込める感じですね。

上下に舌を動かすイメージですと、リリースの時に舌でリードを弾いてしまうような感じになりますので、アタックが強くなりすぎて汚いタンギングになりやすくなります。

音の出だしの発音は、「トゥーーーーー」という発音よりは、「トーーーーー」と発音するイメージで吹くようにすると音の出だしが綺麗に発音できるようになると思います。


音の出だしのアタックを気にしすぎて、「スヮーーーー」という感じで音の頭の音がかすれてしまったりする場合は、舌で息をせき止めた時に、その状態で息の圧力が十分にかけられていないためです。これは、舌をリリースした後で息の圧力をかけるためにこうなってしまいます。

舌のリリース時に、リードを弾くような感じにしなければ、息の圧力を十分にかけておいても音の出だしが「タァ!ーーーーー」という感じにはなりにくいと思います。

また、舌をリリースした後は、息のスピードや量が減ったりしないように、リリース直後の息をしっかりと保つようにすると綺麗な音の発音で音を伸ばすことができると思います。


文章にすると少し難しいですが、音の出だしのタンギングは非常に大切ですので、みなさんも綺麗に音の出だしが発音できているかどうかチェックしてみましょう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

奏法 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<アンブシュア その2 | HOME | ミヨー 「スカラムーシュ」>>

この記事のコメント

> ayu さん

こんばんは。管理人の Taka です。コメントありがとうございます。

> サックスでのマルカートの仕方がいまいちよくわかりません・・・。

「マルカート」はイタリア語で「強調された」という意味で、音楽では音をきわだたせて演奏することを指し、「1音1音をはっきり演奏して下さい」という指示です。

サックスでマルカートの仕方がいまいちよく分からないというのは、先生か先輩に何か注意を受けたのでしょうか?
マルカートになっていないということは、音の出だしがはっきりしていないのではないでしょうか?

音の出だしがはっきりしないのは、音の出だしのタンギングの時に、息にしっかりと圧力がかかってなくて、音の出だしが「スゥワーーー」となってしまうケースが多いと思います。

タンギングについては、「タンギング 2」の記事もアップしましたので、そちらも参考にしてみて下さい。

「タンギングの時間が長くて音が止まってる」のは、もしかしてタンギングで舌をリードに付いた時に、息も一緒に止めてしまっていたりしませんか?

タンギングの時に息も一緒に止めてしまっていると、タンギングをした時に音がブツッ、ブツッ、と途切れてしまうようになりますので、音楽の流れが止まってしまうことになります。
ですので、音の流れを止めないようにするには、息は出しっぱなしのイメージで、舌を軽く素早く付くようにしてやることが大切です。

これについては、「レガートタンギング」の記事が参考になると思いますので、そちらを読んで参考にしてみて下さい。

> また、サックスのことではないのですが相対音感の効果的なトレーニング方法はないでしょうか?
> 一応、ピアノで和音を作って聞いたり基礎練習中も周りの音を聞いているんですがよくわかりません。
> 昔からピアノを習っているので多分・・・そこまで音感がないわけではないと信じたいんですけど・・・。


ピアノは「C」ですし、アルトサックス、バリトンサックスは「E♭」、ソプラノサックス、テナーサックスは「B♭」で、調が違いますからね。

ピアノをされていた方は、サックスを吹くとサックスのドレミファが違う音に聞こえて混乱するという人がたくさんいますが、私の場合はピアノは習っていませんでしたので、逆に相対音感しかなく、実音の方が苦手ですので、ピアノをやっていて絶対音感のある人の方が逆に羨ましいぐらいです。

相対音感を鍛えるには、いろんな調のスケールを練習するのが効果的だと思いますので、教則本に出ているいろんな調のスケールをしっかり練習するといいと思います。

> 自分が音程を高くしたり低くしたりすることで、ハーモニーの音程の幅が変化することは大体わかります。
> ただ、どの音程で出すのがベストでどこからが「気持ち悪い」ハーモニーなのかがわかりません。。。

ハーモニーは、純正律や平均律、和声理論などで話をしだすとキリがありませんし、実際に楽器で吹いてみて耳で聞いて感じるのがベストです。

どの音程がベストで、どこからが「気持ち悪い」のかは、例えばサックス4人でハーモニーを吹いてみて、ハーモニーの濁りやうねりがなくなるのがどのポイントなのかを実際に耳で聞いて感じ取るしかありません。

よく、「この和音はこの音を少し高めに取るといい」とか言う人がいますが、実際の演奏でそんなことをいちいち頭で考えながら吹いてられないですからね(笑)

実は、私も昔このことについて疑問を持ったことがあって、音大生に聞いたことがあったのですが、「そんなこと言ってるのって、吹奏楽オタクぐらいじゃないの?ハーモニーは耳で聞いて合わせるに決まってるでしょ!そんなに理屈が知りたいなら和声の本でも読む?」ってあっさり返されました(笑)

和声については、私も興味があったので少し勉強しましたが、かなり奥が深いので、音大で音楽を本格的に学ぶ人以外はそこまでの知識は必要ないと思います。

ハーモニーについては、頭で考えるよりも実際に吹いてみて、耳で感じながら合わせていくことの方が大切だと思いますので、ayuさんも実際に色んなハーモニーを吹いてみて耳で感じてみて下さい。

そうすることで、合わせやすい和音や合わせにくい和音も分かってくると思います。

頑張って下さい!
2012-06-24 Sun 03:32 | URL | Taka #-[ 編集]
こんにちは!

質問なんですが、

サックスでのマルカートの仕方が
いまいちよくわかりません・・・。

パートリーダーには、
「タンギングの時間が長くて音が止まってる」
と言われます。


また、サックスのことではないのですが
相対音感の効果的なトレーニング方法は
ないでしょうか?

一応、ピアノで和音を作って聞いたり
基礎練習中も周りの音を聞いているんですが
よくわかりません。

昔からピアノを習っているので
多分・・・そこまで音感がないわけではないと
信じたいんですけど・・・。

自分が音程を高くしたり低くしたりすることで、
ハーモニーの音程の幅が変化することは
大体わかります。

ただ、どの音程で出すのがベストで
どこからが「気持ち悪い」ハーモニーなのか
がわかりません。。。


長文すみません;
返信頂けたら嬉しいです。
2012-06-22 Fri 23:20 | URL | ayu #6facQlv.[ 編集]
明日、学校でやってみます(`・ω・´)
2012-06-21 Thu 21:45 | URL | mituba #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。