ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

YAMAHA YSS-875 Custom

今日は、ソプラノサクソフォーンについて書きたいと思います。

サックスには、音の高さによっていろんな種類がありますが、上からソプラニーノサクソフォーンの次の2番目の高音を担当するサックスがソプラノサクソフォーンですね。

昔は持っている人も少なかったと思いますが、今や中学校の吹奏楽部でもこのソプラノサクソフォーンのある中学校も増え、ソプラノ、アルト、テナー、バリトンのアンサンブルができる学校も増えました。

各サックスメーカーからソプラノサックスが出ていますが、今回は私の愛用しているソプラノサクソフォーンを紹介したいと思います。


写真が私の愛用している、YAMAHAのYSS-875です。

YAMAHA YSS-875 Custom


今のモデルでは、YSS-875EXというこれよりも上のグレードのものが出ていますが、写真のソプラノは私の愛用している一昔前のCustomモデルです。

Selmer SerieⅢと同じデタッチャブルネックのモデルで、ネックの部分がストレートネックとカーブドネックの2種類のネックを付け替えることができます。

ストレートネックの方は、硬くて芯のある文字通りストレートな音が出て、カーブドネックの方がストレートネックよりも柔らかくてまろやかな音がします。

私は、クラッシックで主に吹いていますので、いつもカーブドネックの方を使用しています。

カーブドネックの方は、音が柔らかい音が出るだけでなく、演奏する時の姿勢で楽に楽器を構えることができますし、その分、運指もスムーズに動かすことができます。

ソプラノサックスは、このようにネックを付け替えることのできるデタッチャブルネックの方式のものと、Selmer SerieⅡのようにネックの部分に継ぎ目がなくて、ストレートで本体と一体型になっているものがあります。

この一体型になっているソプラノサックスの特徴は、管の継ぎ目がありませんので、管全体の音の響きがよくなるという特徴があります。

また、その他にも、アルトサックスと同じような形をして、本体管がU字に曲がっているタイプのカーブドソプラノという種類のソプラノサックスもあります。このカーブドソプラノの特徴は、音が柔らかくてまろやかなことはもちろんのこと、他のアルトやテナーなどのサックスと同じようにベルが上に向いているために音が遠くに飛びやすく、他のサックスとも音がよく溶け合うようになっています。

カーブドソプラノは、ヤナギサワのSC-991やSC-992(ブロンズモデル)などが有名で、人気があるモデルですね。

話を元に戻しますが、私の愛用しているこの写真の、YSS-875(Custom)は製造番号が700番台の初期モデルで、もう10年以上の付き合いになります。メッキがところどころハゲかかっていますが、大きなヘコみもなくて、昨年に楽器のオーバーホールをしてから楽器の調子も非常にいい状態です。


YAMAHAの875シリーズは、YAMAHAのハイエンドモデルなのですが、Selmerに比べると音も柔らかくて吹きやすく、固体差も少なくて品質もいいので、プロの奏者も使っている方が多くて、アルトのYAS-875EXなんかは非常に人気があります。

私がアルトを買った頃には、このYAMAHAの875シリーズはまだありませんでしたので、この875シリーズが出た時は欲しくてたまりませんでしたね。

YAMAHAの875シリーズは、これから楽器を買いたいという方にはオススメのモデルです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

ソプラノ サクソフォーン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ペドロ・イトゥラルデ作曲 「ギリシャ組曲」 | HOME | Selmer S80 C☆ と Selmer S90 180 の違い>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。