ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

演奏姿勢について

今日は演奏姿勢について書いてみたいと思います。

少し話題に取り上げるのが遅かったのですが、演奏姿勢はサックスを吹く上でアンブシュアや息の使い方、呼吸法などと同じぐらい大切で、演奏姿勢が悪い場合は、実際の奏法にまで大きな影響を及ぼします。

まずは、過去の記事で触れたことの復習をしてみましょう。


楽器を支える3点とは???


1.楽器を吊り下げているストラップ

2.楽器のサムフックに引っ掛けた右手の親指

3.マウスピースにしっかり当てた上の前歯2本


以上の3点で楽器を支えるのが基本となります。

ストラップと右手の親指はすぐに分かると思いますが、3.の「マウスピースにしっかり当てた上の前歯2本」についてはおろそかになりやすいポイントですので、日頃からしっかりと意識するようにしましょう。

このマウスピースにしっかりと当てる上の前歯2本ですが、マウスピースに自分の口を持って行こうとすると姿勢がおかしくなって、首が痛くなったり上の前歯がしっかりとマウスピースに当たらなかったりしますので、そんな時はストラップをしっかりと引き上げて、マウスピースが上の前歯2本を押し上げるような感じにしてやると楽器がしっかりと固定されるようになります。

この部分がしっかりとできるようになると、ストラップが結構重要な役割を果たしていることに気付くと思います。


以上の3点で楽器をしっかりと支えてやり、左手は楽器に軽く添える感じにします。


初心者の方とかによくあるのですが、オクターブキーを押さえるのに左手にかなり力が入ってしまっていて、練習しているうちに左手の親指が痛くなってくる人がよくいます。(中学1年生の時の私もそうでした(笑))

上記の3点でしっかりと楽器が支えられていれば、左手は楽に力を抜いた状態でキーを押さえることができますので、演奏中も楽に速く指を動かして演奏できると思います。



次に、座った時の姿勢と立った時の姿勢について書いてみたいと思います。


まずは、座った時の姿勢です。

椅子に座ってサックスを吹く場合には、楽器を自分の正面に構える方法と、自分の右横に楽器を構える方法と大きく2つの構え方があります。

吹奏楽部などでサックスを吹いている方や女性の方は、楽器を自分の右横に構える方が多いと思います。

この場合に注意する点としては、両足を開かずに揃えて構えることと、あまり右横に構えすぎないことです。楽器を右横に構えすぎると、上体が前かがみになってしまってお腹に息が入りにくくなってしまいます。

また、自分の口を楽器に持って行くのではなく、ストラップを引き上げるようにして、楽器の方を自分の口に持ってくるようにして構えることが大切です。

楽器を正面で構える場合は、両足を軽く開いて、その間にサックスを持ってきて正面で構えます。

正面で構える場合も、ストラップを調整して楽器の方を自分の口に持ってくるようにして構えるのは同じです。

次に椅子に腰掛ける深さですが、中高生の方はよく先輩から椅子には浅く腰掛けるようにと教えられる人が多いと思いますが、椅子に浅く腰掛けた場合は、上体が前かがみになりやすいので、背筋はしっかりと伸ばして、上体が前かがみにならないように注意しましょう。

ということで、私の場合は座って吹く時はサックスは正面で構えて、椅子には深く腰掛けるようにして、背もたれに軽くもたれるぐらいの感じで上体を起こして、むしろ後ろにふんぞり返るぐらいの感じで構えてます(笑)

その方が、お腹のところが広がりやすくなりますので、息もたっぷり吸えて楽に吹けるからです。

女性の方ですと、スカートなどの時は両足を広げて正面で構えるという訳にもいかないと思いますので、上体が前かがみにならないように注意して、サックスは軽く右横(正確には右前方かな?)に構えるようにするといいと思います。

また、譜面台の高さも自分の正しい姿勢に合わせて調節してやるようにしましょう。

譜面台は、少し高めにした調節した方が背筋も伸びて、上体が前かがみにならないのでいいと思います。


次に立った時の姿勢です。

座った時よりも立った時の姿勢の方が楽に楽器が吹けると思います。

立った時も基本は同じで、自分の口を楽器に持っていくような感じではなく、ストラップをしっかりと引き上げて、楽器を自分の口に持ってくるようにします。

立った時の姿勢ではサックスは右横ではなく、正面に構えるようにします。

立ったときも座ったときもそうですが、楽器を支える3点は変わりませんので、楽器を支える3点が崩れないように注意することが大切です。

また、楽器を自分の方に持ってくるように構えるのですが、楽器はストラップがピンと張った状態で自分の前方、右横に構える場合は右前方に楽器を構えた方が背筋もまっすぐ伸びていいと思います。


さて、あなたの演奏姿勢はいかがですか?

ごくごく当たり前のことなのですが、改めて自分でチェックしてみると案外できてなかったりすることにいろいろと気付くと思います。


演奏姿勢が悪いと、アンブシュアが崩れやすくなってしまったり、指も速い運指に対応できなかったり、お腹で息をしっかりと吸わないといけない腹式呼吸でも十分に息を吸うことができなくなってしまったりと、奏法上いろんな悪影響を及ぼします。


演奏姿勢は、サックスを吹く上で非常に大切な基本ですので、軽く見ずにもう一度自分の演奏姿勢をチェックしてみてはいかがでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

奏法 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<BG のストラップ | HOME | ペドロ・イトゥラルデ作曲 「ギリシャ組曲」>>

この記事のコメント

はる★さんから以下のようなコメントがありましたので、それについて書いてみます。

友人にサックス構え方が右の方へいきすぎて、おかしいと言われるとのことです。

これは、座って構える時の姿勢でしょうかね。

右の方へ行き過ぎておかしいというのは、おそらく楽器が右の後ろの方に来て、楽器が寝てしまうような感じになっているのではないでしょうかね?

ブログの記事でも演奏姿勢について書いてますが、座った時の構え方は、正面に構える構え方と、サックスを右側に構える構え方がありますね。

私は、アルトであれば正面で構えるようにしていますが、テナーサックスですと座って正面で構えるのは厳しいですね。

サックスを右側に構える場合は、上体が前かがみになってしまっていると楽器が右の後方に行くようになって、楽器が寝たような感じになるという、はる★さんのようになってしまうと思います。

アルトでもテナーでもそうですが、座って右側に構える時は、まずは姿勢が前かがみになっていないかをチェックしてみましょう。

前かがみになっている場合は、上体をぐっと起こして、ストラップを少し引き上げて、顔をまっすぐ前に向けるようにして、右手の親指で楽器を前に少し押し出すような感じにしてやるといい姿勢になると思います。

サックスの管体が右ひざのすぐ横側に当たるような感じぐらいがいいかも知れませんね。

演奏姿勢が悪いと、息もしっかりと吸えなくなってしまったり、変なクセがついてしまったりして、演奏に大きく影響が出てきたりしますので、一番基本的な部分ですがもう一度チェックしてみましょう。
2009-11-08 Sun 03:18 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
だいずさん、こんばんは!

右手の親指が痛くなるのは、右手の親指で楽器を上方向に支えようという感じになっているためだと思いますよ。

上方向の支えはストラップに任せるような感じにすると右手の親指の負担が減ると思います。そして、右手の親指はどちらかと言えば、楽器を前方に押し出すように楽器を支えるといいと思います。

ストラップの引き上げがあまり効かないのは、背筋が伸びてなくて、上体が前かがみになって口を楽器に持っていっているような感じになっている可能性があります。

上体が前かがみになると、ストラップの支えがあまり効かなくなって、楽器の重みがモロに右手の親指にかかりやすくなると思います。

背筋を伸ばしてストラップを引き上げると、楽器が自分の身体の方に近付くようになりますので、それを右手の親指で楽器を前方に押し出すような感じにしてやると楽器が安定しやすくなると思いますし、右手の親指への負担も減ると思いますよ。
2008-09-28 Sun 01:01 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
日ごろから3支点を意識しているのですが、
どれだけストラップを上げても、右手親指で支えてやろうとすると
楽器が傾いて上前歯の支えが出来なくなっています。
右手親指の関節が痛くなるということは明らかに楽器の支え方が間違っているのだと思うのですが、どうすればいいでしょうか?
2008-09-27 Sat 21:53 | URL | だいず #ax4px7aw[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。