ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

BG のストラップ

今日はサックスの小物、ストラップについてです。

私もかれこれ27年もサックスを吹き続けているのですが、ストラップについては演奏上、特に不便を感じなかったのと、ソプラノサックスの方に付属していたYAMAHAのストラップが首のパッドもしっかりしていて結構使いやすかったので、アルトもソプラノもずっとそのYAMAHAのストラップを使っていたのですが、最近肩凝りが結構ひどいので、ストラップを買い換えようと思って物色していました。

最近では、ブレステイキングというストラップがプロでもアマチュアでも流行っていて、楽器を吊るしても楽に演奏できるということですごく人気があり、また某BBSの人にはドイツ製のツェブラという人間工学に基づいて作られた高級ストラップをススメられたりして悩んでいたのですが、やはり自分の好みのものを…ということで、ここんとこ楽器店に行く機会が多かったので、いろいろとストラップを見ていて目をつけていたものがあったので、23日の個人練習の時に購入しました。

愛用のリガチャーとお揃いでフランスのBGのストラップです。

BG のストラップ


できるだけ胸元はスッキリしてスマートなもので、首のパッドがしっかりしているという条件で、紐のタイプのヤツを探していたのですが、ちょうどいいのがありました。




このストラップは、首のパッドの内側にコットンが縫い付けられていますので、汗も吸収しやすくなっていて、楽器を引っ掛けるフックの部分が閉じるタイプになっていますので、少々動いても楽器が外れることがないので安心です。

紐のタイプのストラップは他にもいろいろとあって、楽器を引っ掛けるフックの部分が丸いコインみたいになっているスマートなやつもよかったのですが、通販かあちこち探さないと見つからないので、コレにしました。

お値段の方は、約 6,000円弱とお手頃です。


ストラップもいろいろあって、プレーヤーの個性が出ますよね。

私の知人も、赤や白や7色の虹色やと、カラフルで華やかなストラップを使っている人がいろいろといますよ(笑)


さて、みなさんはどんなストラップをお使いですか?


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

サックス小物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ペドロ・イトゥラルデ作曲 「ギリシャ組曲」 の音源 | HOME | 演奏姿勢について>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。