ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペドロ・イトゥラルデ作曲 「ギリシャ組曲」 の音源

今日も、ギリシャ組曲の話題です。

YouTubeで割といい演奏を見つけました!

外人の演奏ですが、結構演奏としては雰囲気が出てていい感じですね。

録音状態が非常に悪くて、音が割れたりしているのがすごく残念ですが…

I 楽章からⅣ楽章までを通しで演奏してます。





もう1つ聴いてみましょう。

こちらの演奏は、Ⅳ楽章の最後が切れてしまっていますが、結構いい演奏しています。
リズムがちょっと変だな…って思うところがありますが、目をつぶりましょう(笑)



でも、やはりプロの音源が一番でしょうね!

みなさんもよくご存知の、雲井先生のカルテットがギリシャ組曲の音源を出していますよ!!!




私もこのアルバムを買って聴いたんですが、YouTubeのどの演奏も比べ物にならないぐらいの素晴らしい演奏ですよ!!!
ちなみに、この雲井先生のカルテットのギリシャ組曲ですが、楽譜が私の手に入れた楽譜とは異なっていて、2楽章のソプラノのソロの演奏が、テナーのソロになっているんですよね~~
実は、アンサンブルコンテスト全国大会で、NTT西日本中国吹奏楽クラブが演奏したのも、雲井先生と同じ編曲のものなんですよ。

これは、ギリシャ組曲の古い編曲の楽譜で、今市販されている楽譜は、「2000年改訂版」となっていて、2楽章のソロがソプラノで書かれた楽譜です。
この、2楽章のソロがテナーになっている編曲の楽譜が欲しいんですが、普通に探したのでは「2000年改訂版」しか見つからないようですね。

ということで、私はソプラノがソロで書かれている「2000年改訂版」を注文して我慢しました(笑)
それに、うちのカルテットのテナーでは、とうていこの2楽章のアドリブソロは吹けそうにないですからね(笑)


そして、注文していた楽譜が昨日の夜に届いたのですが、やっぱりいいですね~~

楽譜を見ていたら寝不足になってしまいました(笑)


この曲は、ソロパート以外のリズムパートがキッチリと演奏して、ジャズ調のリズムをしっかりと組み立てるのがポイントになると思います。

楽譜上はそれほど難解ではありませんが、ジャズっぽい雰囲気を出すのがすごく難しい曲ですね。

今夜はアンサンブルの練習日なので、楽譜を配って少し合わせてみたいのですが、今週はメンバーが全員揃うかな?


今週はこのギリシャ組曲でかなり時間を使いましたね(笑)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

アンサンブル | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<リードミスについて | HOME | BG のストラップ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。