ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

リードミスについて

今日は、リードミスについて書いてみたいと思います。

楽器を吹いている時に、「キーキー」とか、「キュッキュ」とかいう音が出てしまうことはありませんか?

サックスを吹いている時に、リードが意図しないような変な音を出してしまうことを、一般的に「リードミス」と言っています。

このリードミスが起こる原因としては、実に様々な原因が考えられます。


以下、リードミスの原因をチェックするためのポイントを挙げてみますので、チェックしてみて下さい。



1.マウスピースを少し深くくわえすぎていませんか?

→マウスピースを深くくわえすぎていると、軽いリードミスが起こりやすくなり、吹いていると「キュッキュ」という音が混じるようになります。くわえる深さの目安は、上の前歯2本がマウスピースの先端より1センチぐらいのところに当たるようにくわえます。(1センチはあくまでも目安です)



2.リードのバランスが悪くないですか?

→バランスの悪いリードを使っていると、リードがうまく振動せずにリードミスを起こしやすくなります。
リードの先端の左右の硬さが微妙に違っていたりすると、リードの振動が不安定になったりして、リードミスの原因になってしまうということです。今使っているリードのバランスが悪くないかをチェックする意味でも、他のリードに変えて吹いてみて同じようなノイズが混じるかどうかをチェックしてしましょう。



3.リードはマウスピースに正しく固定されていますか?

→リードはリガチャーでマウスピースに固定しますが、リードの先端とマウスピースの先端が大きくズレたりしていると、音が出にくくなったり、リードミスも起こりやすくなります。リードを固定する位置は、リードをマウスピースに当てて、リードの先端よりもマウスピースの先端がわずかに黒い線(髪の毛1本分)のように見えるぐらいの位置に固定するようにします。また、リードが左右にズレて固定されていないかもチェックしてみましょう。



4.リガチャーのネジはしっかりと締めていますか?

→リガチャーはリードを固定するために重要な役割を果たすパーツです。2本ネジのリガチャーは、下のネジを固くしっかりと締め、上のネジは下のネジよりは少し弱めに締めるのが基本です。
また、上のネジは下のネジよりも弱めに締めるのですが、締め具合を弱くしすぎるとリードミスを起こしやすくなります。
1本締めのリガチャーの場合は、ネジが1本しかありませんので、リードがズレたり、リガチャーが左右にズレないようにネジはしっかりと締めておきましょう。



5.リガチャーが歪んだりしていませんか?

→リガチャーは思っている以上に繊細なパーツですので、扱いが悪かったり、落としたりしていると目に見えない歪みが出て、リードをちゃんと固定できなくなり、結果としてリードミスやノイズの原因となります。4.でリガチャーのネジの締め方について書きましたが、リガチャーが歪んだりしていると、上のネジを弱めに締めるとリードがちゃんと固定されずにリードミスやノイズが混じるようになります。上のネジも下のネジと同じように固くしっかり締めるとリードミスがなくなるようでしたら、リガチャーが歪んでいることが考えられます。この場合は、上のネジも下のネジと同じように固く締めるようにしましょう。そして、リガチャーの歪みを矯正するために、しばらくの間は楽器を収納する時もマウスピースにリードとリガチャーをつけて、リガチャーのネジを2本ともしっかり締めた状態でマウスピースキャップをかぶせて収納するようにしましょう。



以上が物理的に考えられる原因とその対処方法です。


基本的なチェックポイントは、過去の記事で触れた内容がほとんどですね。

たいていは、2.のバランスの悪いリードを使用していることが原因になっていることが多いのですが、吹いているうちにリードがズレたり、リードの付け方が悪くて3.が原因になっていることも多いようです。

また、5.が原因になっていたりする時には、なかなか気付かないことが多いようです。
リガチャーは、思っている以上に精密でデリケートなパーツですので、目に見えない歪みなどでリードがちゃんとマウスピースに固定されないと、リードミスが多くなったり、音が悪くなることもよくありますね。

同じメーカーの同じ種類のリガチャーなのに、新品のリガチャーを付けてみるとすごくいい音が出た!なんてこともよくある話です。

これは、リガチャーに目で見たのでは分からないような歪みがあって、リードをしっかり固定できていなかったということです。


リガチャーはこのように精密でデリケートなパーツですので、丁寧に扱うようにしましょう。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

リード | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<Selmer Tenor Saxophone SA-80Ⅲ (SERIEⅢ) | HOME | ペドロ・イトゥラルデ作曲 「ギリシャ組曲」 の音源>>

この記事のコメント

> matsushimaさん

こんばんは。管理人の Taka です。

そう言えば、1本締めのリガチャーについては書いていませんでしたね。

今のセルマーの標準リガチャーは1本締めですし、BGとかも1本締めですからね。

1本締めのリガチャーの場合は、ネジが1本しかありませんので、リードがズレたり、リガチャーが左右にズレないようにネジはしっかりと締めておくといいと思います。

記事の方も、1本締めのリガチャーについても記述を付け足しておきますね。

2012-12-25 Tue 02:47 | URL | Taka #-[ 編集]
リーガチャーのことで質問なんですけど
ネジが1つしかないんですけど・・・

その場合はどうしたらいいんですか?
2012-12-21 Fri 22:11 | URL | matushima #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。