ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

buzz のネックスクリュー

今日はネックスクリューについて書きたいと思います。

みなさんは、ネックスクリューってご存知ですか?

サックスのネックを楽器本体に付ける時に、締めるネジのことです。

で・・・・・・

買ってしまいました、buzz のネックスクリュー。


コレです。。

ネックスクリュー

変わるんです。音が……

たかがネジ1本なのですが、このネジを付け替えるだけで吹奏感がかなり変わります。


以前からずっと目をつけてたのですが、今日、行きつけの楽器店に行って聞いてみたら、buzzのYAMAHA用のヤツがあるということで、私のソプラノがYAMAHAのYSS-875だったので、どんなもんだろうと思って、店員さんにいろいろと聞いていると、試奏させてもらえるということで、YSS-875EXで試奏させてもらいました。

最初は、もともとついているネジで…


私の楽器はEXではないのですが、吹いてみたところ試奏感は自分の楽器とほぼ同じでした。

でも、さすがはEX。

YSS-875に比べると、少し音はカッチリしていて、キーアクションもかなり向上していて、音程の安定度も格段によくなっていました。

上から下までの音を吹いて、ネックのネジを交換。

そして試奏してみると…


息がスムーズに入って、いつもストレスに感じている抵抗感がなくなりました。

こ、これは……

自分の感じた吹奏感の違いを確かめるために、何度かネジだけを付け替えて吹いてみたのですが、明らかにbuzz のネジを付けた方が、息がスムーズに入る感じで音抜けがすごくよくなりましたね。

ということで、お買い上げしました!(笑)

私のアルトはセルマーなので、本当はセルマーのネジも欲しかったのですが、在庫がYAMAHAしかなかったので、セルマー用のネジは注文してきました。

そして、気になるお値段の方は…



たかがネジ1本で、この値段は高い!!と思っている人もいるかも知れませんが、実際に試奏してみるときっと納得してもらえると思います。

この、ネックスクリューは、私の買った buzz の他にも、有名な石森楽器のオリジナルブランドのウッドストーンからも出ていますが、buzz の方が値段はかなり安くてお買い得だと思います。

実は、この buzz のネックスクリューですが、通常はアルトとテナー用ということなのですが、今日私が試奏したところ、ソプラノでも使えます。

また、楽器のメーカーによってネジの切り方が違うので、YAMAHAの楽器は YAMAHA用、セルマーの楽器はセルマー用ということで、自分の持っている楽器のメーカーに合わせたネジを買わないと合いません。

【YAMAHA用】



【YANAGISAWA用】



【SELMER用】



【CADESON用】



今夜はアンサンブルの練習だったのですが、早速このbuzz のネックスクリューを付けてソプラノを吹いたのですが、息の通りもスムーズですし、何よりも音抜けがよくなって、ストレスに感じる抵抗感がなくなっていたので音もバッチリでしたね。

マウスピースやリガチャーを購入することを考えれば、¥3,780円は安いと思いますので、興味のある人はぜひとも試してみて下さい。

なお、ソプラノで使用する場合は、ネック部分がカーブド管とストレート管の付け替えのできる、デタッチャブルネックの楽器しか使えません。ストレート管ですと、管の継ぎ目がありませんので、ネック部分のネジ自体が存在しません(笑)


この他にも、左手の親指を置くサムレストと右手の親指をひっかるサムフックも元々はプラスチック製のものが多いのですが、この部分を金属製のものに変えてもかなり音が変わります。
金属製のサムレストとサムフックは、ヤナギサワから出ています(サムの魔法使い)が、これもまた音が変わります。

うちのバリトン吹きは、セルマーのSERIEⅡを使用してるのですが、サムフックをヤナギサワの金属製のものに変えてから音がよく鳴るようになったようです。

また、このサムレストとサムフックは、WIND BROS さんから木製のものが出ていて、あったかくて柔らかい音になるということで、結構人気があるようですね。


サムレストとサムフックは、1~2万円ぐらいはするので、それに比べるとネックスクリューは、少ない予算で済むので私はオススメですね。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

サックス小物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<チューナー : KORG AW-1 | HOME | アンブシュアと息のスピードによる音程の変化>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。