ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

マウスピースパッチについて

今日は、マウスピースパッチについて書きたいと思います。

マウスピースの上部の歯の当たる部分に貼り付ける、マウスピースパッチ。

あなたは、マウスピースパッチは貼る派ですか?それとも、貼らない派ですか?


マウスピースパッチも賛否両論の意見があり、人によって私は貼る!私は貼らない!と2つの意見に分かれるところだと思います。

新しくマウスピースを買って、マウスピースに歯型が付かないようにと貼る人はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。


ちなみに、私はマウスピースパッチは貼らない派です。

その理由は、マウスピースをくわえる時に、上の前歯2本がしっかりとマウスピースに当たらなくなることと、マウスピースパッチを貼ると音の響きが悪くなってしまうからです。

もともと貼らない派だったのですが、プロの先生に貼らない方がいいと言われたことと、試しに貼って吹いてみたところ、音色がこもったようになって響きが悪くなったのですぐにはがしました。

初心者の方で、上の前歯2本がスベってしまってアンブシュアがうまく固定できないということで、マウスピースパッチを貼ってそれをカバーしている人もいるようですが、私はあまりオススメしません。

アンブシュアを作る時に、上の前歯2本の支えは非常に大切だからです。

マウスピースパッチを貼ると、上の前歯2本がマウスピースにしっかり当たっている感覚が少なくなってしまいますので、前歯の支えが甘くなってしまったりということが起こります。

また、それでもマウスピースにあまり傷をつけたくないということで、どうしてもマウスピースパッチを貼りたいという人は、一番薄いものを貼るといいかも知れません。

お店で試奏する時に、セロハンテープを貼ったりする楽器店もありますが、セロハンテープぐらい薄いものであれば、上の前歯が当たる感覚がそれほど鈍くならないので、マウスピースの変わりにセロハンテープを貼るのもいいかも知れませんね。

マウスピースの記事で紹介した、私のセルマーのS80 C☆のマウスピースは、20年以上パッチを貼らないで吹いてますので、上の前歯が当たる部分はティースマークがついて、若干削れて掘れたようになってしまっています(笑)

それでも、かなり深く削れない限りは、音色などにはほとんど影響しません。

サックスの音は、マウスピースに直接歯が当たっている場合と、パッチを貼って間接的に当たっている場合では、音の響きが違ってきますので、私のオススメとしてはマウスピースパッチは貼らない方がいいと思います。

逆にマウスピースパッチを貼った方が音色がまろやかになっていい!という意見をお持ちの方もいらっしゃいますので、この点については私個人の意見ですので、参考になれば幸いです。

また、マウスピースパッチを貼って吹いている人は、貼った時と貼らない時の音を比べてみるというのもいいかも知れませんね。

また、マウスピースパッチをはがすとアンブシュアが安定しなくなるという人は、上の前歯の支えがしっかりしていないということですので、その点は修正する必要があると思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

サックス小物 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<buzz のネックスクリュー (Selmer用) | HOME | エストレリータ (Estrellita) : 須川展也>>

この記事のコメント

ほぉー笑

吹部に入って三ヶ月ちょっとのものです。
ココ最近パッチがずれてきてしまって
買い替えよーかなー…と思っていたのですが、、
パッチは要らなくてもいいんですね!!
でも滑って深く削ってしまいそうです笑笑
自力で治すしかないんでしょうかね笑
すべらない方法とか教えてください笑
2016-07-17 Sun 14:08 | URL | ことみ #ihMNMLjo[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。