ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

buzz のネックスクリュー (Selmer用)

今日は、またまたネックスクリューについて書いてみたいと思います。

またまた買ってしまいました、buzz のネックスクリュー。

今度は、Selmer用です。


buzz ネックスクリュー (Selmer)

前回はソプラノ用にと、YAMAHA用を購入したのですが、すごくよかったのでアルト用に注文していたものが入荷したので試奏して購入してきました。

昨日、梅田のJEUGIA ハービス ENT店からお電話を頂き、今日行って来ました。

当然のごとく、試奏させてもらってもいいですか?ということで、試奏させてもらいました。

試奏した楽器のセッティングは、以下のセッティングです。

楽器: Selmer SA-80Ⅱ W/E GL
マウスピース: Selmer S90 180
リード: Vandren Traditional 3 1/2


まずは、純正のネックスクリューで吹いてみました。

純正のネックスクリューは、セルマーの楽器をお持ちの方ならご存知だと思いますが、青色の文字で「NB」という文字が刻まれています。これは、野中貿易の「NB」なんですよね~(笑)
本物のセルマーの楽器ということで、野中貿易が輸入した時にネックスクリューを付替えているとか。

やっぱり新品の楽器はいいですね~~

まずは、ネックスクリューを付け替えずに吹いてみました。

少し前にもマウスピースを購入した時に、今のSERIEⅡを吹いてみたのですが、私の買った時のSERIEⅡよりも音程がよくて、音もカッチリと安定して出るし、キーのポジションも私の持っているSERIEⅡよりもよくなっていて、手の小さな人でも指が楽に届くようになっていて、同じモデルとは思えないほどの扱いやすさには驚かされるばかりですね。

そんなことに感心しながら、しばらく純正のままの試奏を楽しみ、次に buzz のネックスクリューに付替えてみました。

どれどれ……

おーーー変わった変わった。。


予想通り、吹奏感が変わりましたね。

でも、前回のYAMAHAのソプラノでネックスクリューを変えた時の方が、吹奏感はガラッと変わりました。

そして、前回と同様に、何度かネジを変えたり戻したりして吹き比べました。

buzz のネックスクリューを付けると、音がかなり太くなるのと、楽器全体が響くようになりますね。

ソプラノの時と同じで、息もスムーズに入りやすくなります。

ちなみに、この buzz のネックスクリューは、洋銀製です。


気になるお値段の方は、¥3,780円也~。



ヤフーオークションでも出ていますが、¥3,000円切っていますね。


他にも石森楽器のWood Stoneや、ブルズアイからもネックスクリューが出ていますが、buzz のネックスクリューが一番安くてお手軽に試せると思いますので、私も試してみたい!という方はオススメですね。

ソプラノ、アルト、テナーは共通して使えますので、各メーカーに合わせて利用してみてはいかがでしょうか。

セルマーの楽器ですと、ネックスクリューの横に、ライヤースクリュー(小型譜面台固定用ネジ)があり、そこのネジも交換できますので、ライヤースクリューも交換するとさらに音の響きが変わると思います。



たかがネジ1本、されどネジ1本・・・
サックスは、ネジの材質が変わるだけでも響きはかなり変わりますので面白いですね。

マウスピースやリガチャーを購入するよりも安い価格でサックスの響きが変えられますので、みなさんも興味があれば一度試してみてはいかがでしょうか?


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

サックス小物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<音の出だしのタンギング 2 | HOME | マウスピースパッチについて>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。