ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

腹式呼吸の練習3

腹式呼吸の練習の第3回目は、実際にサックスを吹く時の腹式呼吸を使った息の吹き込み方の練習です。

第1回目、2回目の練習で、お腹を使った呼吸方法とその強化練習について触れました。

これらの練習がしっかりできてくると、今度は実際に腹式呼吸を使ってサックスに息を吹き込む時の「息の入れ方」です。

サックスはマウスピースから腹式呼吸を使って息を吹き込み、リードを振動させて音を鳴らす訳ですが、息を吹き込む時にはちょっとしたコツがいります。


今後の記事にも登場してくると思いますが、息をマウスピースから吹き込む時は、「息を1点に集中させて吹き込む」ことが非常に大切になってきます。


今回は、その練習方法です。

この練習方法も、第2回目の練習と同様に楽器や道具は何も使いませんので、暇さえあればどこでも練習可能です。

さあ、始めまてみましょう。



まず、顔の約30センチぐらい前に、人差し指を1本立てます。

そして、これまでの練習のようにお腹にたっぷりと息を吸い込んで、顔の前に立てた人差し指に目がけて息を吹きつけます。

ポイントは、このとき「吹きつける息が全部、人差し指に命中」するように息を吐くことです。

もしくは、人差し指を1本立てるのではなく、代わりに親指と人差し指で丸い輪っかを作ってやって、その輪っかに息を全部集めて通すような感じで息を吹きつけてもかまいません。


この練習をすることで、口から吐き出す息が1点にまとまって、ただ息を吐き出すよりも力強い息になります。

この「息を1点に集中させて吹き込む」ことは、サックスを吹くには非常に大切ですので、しっかり練習しましょう。


この練習は、腹式呼吸でお腹で吐き出す息にしっかりと圧力をかけて、息を効率的に吹きこむための練習です。


別の表現で言えば、ちょうど風船を膨らますときの息の入れ方と同じです。風船を膨らませる時は、息を1点に集中させてしっかりと息をお腹から吹き込まないと膨らまないと思います。

さて、みなさんはどうですか?


力強い息が人差し指に全部命中していますか?

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

腹式呼吸 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<息のコントロール | HOME | 腹式呼吸の練習2>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。