ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Cannonball AV/LG-L (レディー・ゴディバ)

今日は、アルトサックスの試奏レポートです。

近年ではかなりの人気機種に成長した、Cannonball の最新作モデルを試奏してきました。

Cannonball AV/LG-L (レディー・ゴディバ)です。

Cannonball AV/LG-L (2)

Cannonball AV/LG-L
472,500円
(本体価格:450,000円 消費税:22,500円)


管体には女性と馬の彫刻が施された、「レディー・ゴディバ」と言う、400本限定のモデルです。

ルックスはセルマーのリファレンスのような濃い色合いのゴールドラッカー仕上げで、ヴィンテージモデルを意識した感じですね。

キャノンボールと言えば、ビッグベルが特徴なのですが、このモデルのベルはビッグベルにはなっておらず、これまでのキャノンボールのサックスとはテイストの違ったモデルに仕上がっています。


試奏楽器の提供は、いつもお世話になっている、JEUGIA 梅田ハービスENT 店 さんです。

Cannonball AV/LG-L

楽器: Cannonball AV/LG-L
マウスピース: Selmer S80 C*
リード: Vandren Traditional 3 1/2
リガチャー: Selmer GL (逆締めの1本ネジ)


私も、Cannonball を吹いたのは今回が初めてだったのですが、試奏してみて楽器の完成度の高さにはとにかく驚かされましたね。

Cannonball は台湾で生産されている楽器なのですが、Cadson も然り、iO も然り、私がセルマーを購入した20年以上前の時代とは違って、楽器が台湾で生産されているにも関わらず、非常に品質のいい楽器がたくさん登場してきているのには本当に驚くばかりですね。


【 ルックス 】
 まず、手に取ってみて、女性と馬の彫刻の美しさに目を奪われました。
サムレストとサムフックは金属製で、見た目からしてよく響きそうな感じでした。
色は、セルマーのリファレンスのような濃いゴールドのメッキで、重厚感と高級感がありますね。


【 音色 】
 吹いてみてビックリ!!
音色は非常に素晴らしい音色で、一言で言えば「カッコイイ音色!!!」です。
音質は硬い音色なのですが、音色が硬いのに音が薄っぺらくならず、ズッシリとした重くて太い音が出ます。
個人的な感想では、音色の良さはセルマーの上を行っていると思います。


【 吹奏感 】
 吹いてみた感じ、少し抵抗感があり、高音域から低音域まで安定したバラツキのない感じで楽に吹けます。
音程は想像以上に安定しており、音の上ずりも少なく、楽器の完成度の高さを感じさせますね。
特に、フラジオの当たりが非常によくて、Double High E♭を吹いてみたのですが、他社の楽器よりも安定した音程でビシッと当たって鳴りましたので、フラジオのミストーンも少ない楽器だと思います。


【 キーアクション 】
 キーを押さえた感じでは、キーのポジションがヤマハなどの国産楽器に比べて間隔が少し広い感がありますので、女性など手の小さい日本人ですと少し押さえにくいと感じる人がいるかも知れませんが、キーを押さえた感じは他の楽器よりもソフトな感じで、握力の弱い人にはいいかもしれませんね。
逆に、硬いキータッチがお好みの方にはキーのレスポンスが若干悪いように感じるかも知れませんね。
私の個人的な感覚では、キーアクションはセルマーSERIEⅢの方が勝っていると思いますが、私の昔の愛用していたクランポンのサックスのキータッチによく似た感じで、私は懐かしくて好きなんですけどね(笑)


【 所感 】
 キャノンボールを吹いたのは今回が初めてだったのですが、これほどまでにいい楽器だとは思いもしませんでしたので、吹いてみて感動しましたね。正直言って、今の愛用のSERIEⅡを売って、このレディー・ゴディバを買いたくなってしまったほどです(笑) この音色のかっこよさは、他のどの楽器よりもピカイチだと私は感じましたね。特にクラシカルサクソフォーンとしてはかなりのポテンシャルを持っていると思いますし、ジャズやフュージョンでもシャープだけど芯のある重い音で、いいサウンドを出してくれると思いますしね。対抗機種では、セルマーのリファレンスがありますが、私はセルマーのリファレンスも吹いたことがあるのですが、このレディー・ゴディバの方が断然上を行っていると思いますし、私なら迷わずレディー・ゴディバの方を購入しますね。


といった感じで、今回は、JEUGIA 梅田ハービスENT 店 さん のご協力で、Cannonball の最新作モデルの「レディー・ゴディバ」を存分に堪能させて頂きました。

限定400本のモデルですし、個体差も少なく、私のオススメサックスとして胸を張ってオススメできるモデルだと思いますので、ご興味のある方、これからサックスの購入を検討されている方はぜひとも候補に入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

試奏レポート | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Cannonball T5-BS (ブラックニッケル) | HOME | HIGH FIVE : トルヴェール・クヮルテット with 本多俊之>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。