ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

気温による音程の変化

秋もすっかりと深まり、外もかなり寒くなりましたね。

もうすぐアンサンブルコンテストの時期ですね。

今日は、気温による音程の変化について書きたいと思います。

この時期になると、気温も下がり、楽器を吹く時も楽器を触ると冷たいと感じることが多いと思います。

また、ここんとこ楽器の音程が低くて、チューニングがなかなか合わないっていう人も多いのではないでしょうか。

ご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、楽器が冷えている状態と暖まっている状態では、音程が全然違ってきます。

他の管楽器についてもすべて共通することなのですが、気温が低くなって楽器が冷えていると、楽器の音程は下がり、気温が高くなって楽器が暖まっていると音程は上がります。

今の時期ですと、気温が低くて楽器も冷えていますので、音程がものすごく下がってしまって、いつもの位置までマウスピースを差し込んでも、チューナーの針が真ん中に来ないということが当たり前のように起きます。

楽器をずっと吹いていると、楽器が暖まって来ますので、吹いているうちに楽器の音程が徐々に上がってきます。

そして、楽器を吹くのを止めてしばらく楽器を放置していると、楽器が冷たくなって冷えてきてまた音程が下がってしまい、またチューニングが狂ってきてしまいます。

ですので、この時期はチューニングを合わせるのが非常に難しくなります。

冬に行われる、アンサンブルコンテストでは、寒さによる音程の下がりがひどかったりすると、本番でチューニングが狂って音が合わなかったり、和音が綺麗にハモらなかったりと、命取りになってしまうことがよくあります。

そうなってしまわないように、本番前にはキーを全部押さえて、音を出さないようにして息をしっかりと楽器に吹き込んで、楽器が冷えないように保っておくことが大切です。

ホカロンなどのカイロをネックのところに巻いたり、楽器の管体に当てたりして楽器を暖めるのもひとつですね。

逆に、暑い夏場は気温が高いので、楽器も暖まりやすいですし、直射日光などが当たると、とてつもなく音程が高くなってしまったりします。

夏と言えば、吹奏楽コンクールですよね。

吹奏楽コンクールでも、会場や本番までのコンディションによっては、この気温による音程の変化が命取りになることがよくあります。

冷房のよく効いている会場ですと、冬の場合と同様に楽器が冷え易くなりますので、音程が下がることが予想されますので、冷房が効いている場合は楽器が冷えてしまわないように、楽器にしっかりと息を入れて楽器を暖めておくことが必要になります。

また、控え室からステージで演奏するまでの間に、冷房のよく効いているリハーサル室や、冷房のない控え室、舞台袖の前には炎天下の外を通らないといけないような会場もあるでしょうし、そのような温度差の激しい場所を移動する時に、チューニングが大きく狂ってしまうことがよくあります。

そのような場合には、温度差が楽器に影響を与えないように、外に出た時には楽器に直射日光がなるべく当たらないようにしたり、冷房の効いている部屋では楽器に息を吹き込んで楽器が冷えないようにしたりと、気温の差に応じたケアが大切です。

私は、昔からこのように気温の変化に応じて音程が上がったり下がったりしないように、当たり前のようにケアをしてきたのですが、結構このことを知らない人がいるなぁ…と思いましたので、記事にしてみました。

最近、楽器の音程が低いなぁ……と思っている人は、楽器にしっかりと息を吹き込んで楽器を暖めてみて下さい。

また、練習しているうちに楽器が暖まって、音程が上がって来ますので、練習の合間合間でチューニングを合わせ直してみることも大切です。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

音程 | コメント:7 | トラックバック:0 |
<<Yanagisawa : 「サムの魔法使い」 | HOME | リードの寿命について>>

この記事のコメント

Yuri さん、しばわんこさん、みなさんこんばんは!!


> Yuri さん

12月に入って年末が近付くと、どこの会社もバタバタと忙しくなってきますよね。

気温の変化による音程の変化、結構知らない人が多いようですね。でも、知っておくと対処も分かりますし、音程に対する気遣いができるようになると思います。

そうですか、先生に今ので十分と言われましたか(笑)
まぁ、セルマーのS80 C☆と付属のリガチャーであれば大丈夫と言えば大丈夫ですよ。

先生が言われるように、基礎ができてからジャズのマウスピースに変えるのであれば、そのタイミングでいいかも知れませんね。

リガチャーは、マウスピースによって合わないものもありますからね。メタルのマウスピースとかでしたら特にね。

Yuri さんは、どんなマウスピースに変えるのですかね…(^-^)
一番ベーシックなラインですと、ラバーなら MEYER 5MM、メタルならYanagisawa といったところでしょうか?
ジャズ用のマウスピースは本当に種類も多いですし、個性も様々ですので、選ぶのも楽しみですね!

MEYERとかでしたら、習っている先生に選定してもらうといいですよ。

ご質問があれば、仕事の方が落ち着かれたらまたゆっくり書いて下さいね。(^_-)


> しばわんこさん

喉を開く感覚、分かったようでよかったです!(^o^)

喉を開く感覚を覚えておくと、音の響きも結構豊かになってくると思いますので頑張って下さいね!

名古屋は仕事でも去年とかはよく行ってましたし、住んでた頃は、中村区の亀島に住んでたのですが、鶴舞公園や栄の県図書館、千種や今池、藤が丘や名古屋港と、友達と結構あちこちうろうろとしてました。(^。^;)

本山とかは結構オシャレでいいですよね。

名古屋も、今では私が住んでた頃とはだいぶ変わってしまいましたが…

またそのうち、ゆっくり名古屋話もして下さいね(笑)
2008-12-05 Fri 01:10 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
Takaさん、早速のコメントありがとうございます。

舌の付け根をぐっとさげる感じ…わかりました!!
「ほぉ~」と息を吐く感じも同様、感覚として再現できたように思います。

Takaさん、名古屋にお住まいだったことがあるんですね~。何だか嬉しいです。
そうそう、熱田文小は熱田神宮の近くです。
それに「蓬莱軒」のひつまぶしがお好きとは、名古屋人の私としては、ますます嬉しいかぎりです。
名古屋話は、ついつい長くなってしまうので、この辺でやめておきます(笑)

日曜日、頑張ってくださいね。

ではでは~
2008-12-04 Thu 22:42 | URL | しばわんこ #-[ 編集]
Takaさん、みなさんこんばんは!
ちょいと仕事がゴタゴタして・・・少しお久しぶりです♪

気温の変化による音程のコントロール、うーん、疑問に思っていたことがハッキリして良かったです!

音程なんですけど、最初の新品のころにコルクが固くてマウスピースをぐっと奥に入れないとピッチが合わなかったのですが、段々コルクも慣れてきて、同じ差し込む具合なのに今度はだんだんとピッチが高くなってしまって、なにか口に力が入っちゃったのかしらとか、アンブシュアが変わったのかしらとか、考えてたんですけど、その頃ってちょうど夏だったんですよね・・・・。
今はまた元に戻ってます。というか・・・記事どおり下がって来てますね(笑)

しかも!夏って水が溜まらないですよね。
この時期はちょっと吹いてもいっぱい溜まってきますね。お手入れの時間が全然違いますよね。

先日の高校のアンサンブルコンテストの記事を読んで、冬のキンとした体育館の空気を思い出しました。あんななかで冷たい楽器を持って指も悴むだろうになぁと。夏は逆に暑くてムァッとしますしね。
いやはや、中高生も大変ですなぁ・・・。


でっ、先日教えていただいたリガチャーの件ですけど先生に相談をしたら・・・次にジャズのマウスピースに変える時に一緒に変えるんでいいんじゃない?これで充分!と言われましたー!
まだまだ基礎固めの時期なので、自分の音ができてきて色々とわかってからか!?と思いました~。ということで、精進しますです^_^;
Takaさんのアドヴァイスは大事に取っておきます。ありがとうございました!


しばわんこさん、須川さんいいですね!楽しんでくださいね♪
しかし口の中の状態ってわかりにくいですよねぇ・・・。私も先生の喉とか開けて!?見せて欲しいくらいです!模範の時に先生の喉をじーーーと見ますけど、うん、わからないです(笑)
Takaさんの多方面からの解説が非常にわかりやすいです☆


リードの寿命に付いてもスゴク参考になりました。
そのことや、他にもお伺いしたい事があるんですけど、またの機会に☆よろしくおねがいしますm(__)m


ではみなさま、ここのところぐっと寒くなってきてますので、体調崩されぬよう!
Takaさん、アンサンブルコンテスト頑張ってくださいねー!(^_^)/
2008-12-04 Thu 00:43 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
しばわんこさん、お久しぶりです!

元気にしてましたか?

私の方は、風邪でダウンしてしまったりしてましたが、やっと復活して今週日曜日のアンサンブルコンテストに向けて練習に精を出しています。

あっという間に今年も年末になってしまいましたね。

そうですか、しばわんこさんはYAS-34Ⅱを愛用されているのですね。
YAMAHAの楽器は個体差も少ないですし、日本人ビギナーにはピッタリの楽器ですね。

最初は中古で、上達してくると新品のいい楽器を購入するというのはいい選択ですね。

私も最初は借り物のクランポンの楽器をずっと吹いていて、今のセルマーの楽器を買ったのは大学入学の時でしたからね。
それでも、もう20年以上経ってしまいましたが…(笑)

ということは、しばわんこさんはYAMAHAのマウスピースを使われているのでしょうか?

マウスピースは音色や吹奏感に大きな影響を与えますので、マウスピースを変えると初心者の方でも吹きやすさは全然変わってきますよ。

リガチャーは本当に驚きますよ。私も最初は、リガチャーなんて変えてどうなんだろう?って思ってましたし、どうしていろんなリガチャーがたくさんあるんだろう?って最初は不思議でしょうがなかったですからね。

マウスピースもリガチャーも本当にたくさんの種類があって、人によってそれぞれいいと思うものが違ってきますので、実際に楽器店で試奏させてもらって、自分がコレがいい!っていうのを選ばれるといいと思います。


「喉を開く」ということは、中高生のみなさんとかもよく先輩とかに「喉を開いて」と教えられることがよくあると思います。

「喉を開く」と言われても、意識的に喉を開くということを日常生活の中ではやってないので、どんな感じ??って感じであまりピンと来ないですよね。

私も「喉を開く」というのは、いろんな表現を使っています。

あくびをした様な感じとよく言われますね。あくびという言葉を使うとすれば、私なら「あくびを我慢した感じ」というように言ってます。あくびをする時は、口の中がぐーーーっと広がりますよね?そして、そのあくびを我慢すると口を閉じますので、口を閉じた状態で口の中を大きく広げた感じです。

別の言い方であれば、かじかんだ手を息で暖める時の口の状態です。この時は、「はぁーー」というよりは「ほぉーー」という感じです。「ほぉーー」という感じにすると、口先をすぼめる感じになりますので、アンブシュアの形に近い口になります。この時も、口先は閉じた感じになって、口の中が広がるような感じになりますよね?

要は、口先は閉じた感じ(アンブシュア)にしておいて、口の中を広げてやるということです。

口の中を広げるという表現では、息のスピードコントロールのところで、口の中の容積を変化させることについて書きましたが、これとよく似ているのですが、少し違います。

「喉を開く」ときには、口の中を広げるのですが、どちらかと言えば、喉というぐらいですので、「口の奥の方」を広げてやります。

もっと分かり易く言うと、舌の付け根の部分をぐっと下にさげてやるようにするといいと思います。

舌の付け根をぐっと下げるようにすると、あくびをした時の口の中の状態になると思いますし、「ほぉーー」っと暖かい息を吐き出す時の口の中の状態もこれと同じ状態だと思います。

表現は違いますが、口の中の状態は同じようになるんですよ。

感覚、分かりますか?(^-^)
自分の一番分かり易い方法で覚えておくといいと思います。私の場合は、舌の付け根をぐっと下にさげる感覚が一番分かり易いです。(^O^)


そうですか、しばわんこさんは名古屋にお住まいなのですね。実は、私も若い頃に1年だけ名古屋に住んだことがあるんですよ!(^_-)

ですので、名古屋に友達もいますし、私の親友もその時に出会った名古屋出身のヤツなんですよ!

最近は行かなくなりましたが、少し前まで仕事で名古屋にもよく行ってたので、名古屋は結構身近ですね。

須川さん、名古屋に来るんですね。
今、須川さんのHPで見てみましたが、熱田文化小劇場って書いてますね。熱田ということは、熱田神宮の近くですかね?

熱田と言えば、熱田蓬莱軒の「ひつまぶし」がおいしいですよね!(^O^)
実は、うなぎは元々はあまり好きじゃなかったんですが、ここの「ひつまぶし」を食べてからうなぎがおいしいと感じるようになりました(笑)

須川さんのコンサートは、人気アーティストのコンサートに比べると本当に安いですし、私も須川さんのコンサートは何度か行きましたが、生の音を聴くのは本当に勉強になりますよ。

翌日は公開レッスンがあるみたいですね。
行けないとのことで残念ですが、名古屋ですと愛知県立芸術大学がありますので、雲井先生の公開レッスンとかもあるのではないでしょうか?

19日は楽しんで来て下さいね!(^-^)

コンサートのレポート、楽しみに待ってますね。
2008-12-03 Wed 11:35 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
すっかり、ご無沙汰してしまいました。
Takaさん、皆さんお元気ですか?
もう12月なんですね~。
毎年同じ事言ってるのですが、ほんとに月日が過ぎるのが年々早く感じられます。

私はYAMAHAのYAS-34Ⅱを中古で購入したのですが、マウスピースとリガチャーはその楽器についていた物を、そのまま使用しています。
とりあえず1年ぐらい~と思いまして…。

やはりマウスピースとリガチャーを変えると、そんなに音に変化が表われるものなんですね。
まだ実感として沸きません(><)

今、「喉を開く」という感覚がなかなか再現できずに悩んでいます。
あくびをした時の様な感じ…?
それともかじかんだ手を息で温める時の「はぁー」という様な感じ…?
Takaさん、どんな塩梅でしょうか。

話は変わって、私は名古屋在住なのですが、12月19日(金)になんと須川さんのコンサートが名古屋であるんですよ!!
会場が区の文化小劇場のためお値段も格安の3000円ポッキリ☆☆
翌日は須川さんによる公開レッスンも開催されるんです。(残念ながら公開レッスンは見に行けないのです…)

またコンサートの感想等報告したいと思います。



2008-12-02 Tue 21:52 | URL | しばわんこ #-[ 編集]
chabi さん、こんにちは。

ご訪問、ありがとうございます。

管楽器の音程は、サックスに限らず、気温の変化の影響を受けます。

一人で吹いている分にはいいですが、他の楽器と合わせたり、ピアノ伴奏などを付けたりする時などのチューニングは、演奏場所の気温を考慮して、演奏時に楽器の温度が大きく変わらないようにケアしてやることが大切です。

この時期に外で吹くと、寒いのですぐに楽器が冷えて音程も下がってしまいます。

吹いているうちに音程が上がってきて、少し吹かないと楽器が冷えて音程がすぐに下がるので、その点を考慮に入れないといけないので、複数の楽器でアンサンブルしたり、合奏したりする時は、チューニングを合わせるのがすごく難しいですね。
2008-11-30 Sun 16:30 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
こんにちは。
アルトサックス始めたばかりの初心者です。

確かに今の時期は外で吹くときチューナーで音程合わせてから吹き始めるのですが
しばらく吹いてると音程が微妙に変わることありました。

合間に音程合わせるのが胎児なんですね。
はー、すごい勉強になります!
2008-11-30 Sun 13:38 | URL | chabi #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。